身体の悩み

身体のお悩み改善

乳酸菌飲料のシェアはどの会社が強いの?

読了までの目安時間:約 3分

 

乳酸菌飲料のシェア

乳酸菌飲料のシェアを占めているのは、やはり株式会社ヤクルトです。今も昔も、乳酸菌飲料と言えばヤクルトというイメージはどのご家庭でも定着しています。

 

最近は乳酸菌飲料のシェアもヤクルトが独占しているわけではありませんが、かつてはそれこそ不動の位置に君臨していたわけです。日本の乳酸菌飲料市場はヤクルトがシェアリーダーとして活躍し安定させてきた背景があります。

 


1週間ほどで実感!毎朝スッキリ楽々!
ニューヨーク最高賞受賞の『生きた乳酸菌』

 

ヤクルトの「ビフィア」が人気に

 

以前、乳酸菌飲料市場の大半をシェアするヤクルトから発売された「ビフィア」が、かなりの売り上げを記録しました。ヤクルト側としても、1日10万本の売り上げを目標としており、各業界からも注目が集まったようです。

 

ビフィアは、ヤクルト独自のビフィズス菌「B.ブレーベ・ヤクルト株」が使用した乳酸品乳酸菌飲料です。酵素や消化液に耐え、大腸まで到達できるという特性があります。ちなみに株式会社ヤクルトの「ヤクルト」は、乳酸菌「L.カゼイ・シロタ株」が使用されています。

 

 
ビフィズス菌は、元々人間の体内に存在しています。生まれて間もない赤ちゃんの腸内に生息する細菌の大半は、ビフィズス菌です。腸内環境を整える役割を果たすビフィズス菌は、ストレスや食生活の変化、加齢によってどんどん現象していきますから、意識して積極的に摂取する必要があります。

 

美肌で有名な美容家の佐伯チズさんも、肌を美しく保つには腸内環境を整えることが一番と断言しています。腸内環境が悪化すると、美肌どころか様々な病気を引き起こす原因にもなりますし、できれば1日1本の乳酸菌飲料を習慣にしたいものです。

 

 

タグ :  

乳酸菌   コメント:0

植物性乳酸菌は凄いヤツ

読了までの目安時間:約 3分

 

植物性乳酸菌

乳酸菌には植物性乳酸菌と動物性乳酸菌の2種類のタイプに分かれています。植物性乳酸菌は、過酷な環境でも生き抜くことのできる頼もしさがあり、植物に由来するすべてを生息場所とし存在しています。

 

関係する糖は、ブドウ糖・麦芽糖・ショ糖・果糖といった多糖類で、乳糖とだけ関係する動物性乳酸菌とは関わる範囲が大きく異なります。しかも、それらの糖の濃度に関らず生息することができる糖耐性のある菌なのです。

 

生息できる条件が厳しい動物性乳酸菌は、一定の濃度を保つ乳糖のみと関係し、栄養が豊富でバランスがよい場所にしか存在は不可能ですし食塩や他の微生物とも共存できます。

 

一方、植物性乳酸菌は、多様な多糖類と濃度に関らず生息し、バランスが悪く栄養が不十分であっても生息OKですし、高濃度の食塩や複数種類の他の微生物とも共存が可能です。ちなみに、動物性乳酸菌は乳製品にしか存在していません

 


1週間ほどで実感!毎朝スッキリ楽々!
ニューヨーク最高賞受賞の『生きた乳酸菌』

 

乳製品は動物性乳酸菌が多数

 

乳酸菌と言えば、一般的には乳製品に生息する動物性乳酸菌の方が有名でしょう。しかし、実は生息条件の全く異なる頼もしい植物性の乳酸菌も存在しているわけです。現在では、このたくましい植物性乳酸菌の研究が盛んに進められており、様々な商品も開発されてきています。

 

日本の伝統食材である味噌や漬物などの発酵食品には、この植物性乳酸菌が豊富に含まれています。かつての日本食は素晴らしい栄養が摂取できたと賞賛される背景には、植物性乳酸菌の存在も少なくありません。

 

植物性乳酸菌の健康に関する論文も沢山発表されていますし、東京農大の小泉教授も、テレビや書籍などのメディアで積極的に醗酵食品の素晴らしさを湛えています。

 

 

タグ : 

乳酸菌   コメント:0

乳酸菌の食材を取り入れて腸内環境の改善を!

読了までの目安時間:約 3分

 

乳製品

乳酸菌飲料を飲めば、ビフィズス菌を含む腸内の乳酸菌を増やすことができます。乳酸菌飲料だけではなく、バターやチーズ、はっ酵乳やヨーグルトなどの乳製品を毎日の食事に積極的に取り入れていきたい食材です。

 

乳酸菌を豊富に含む食品の中でも、乳酸菌飲料やヨーグルトは、牛乳でお腹を壊してしまう体質の方でも安心して飲める特徴があります。

 

乳糖不耐症と呼ばれる乳糖を分解する酵素の力が強くない為、お腹を壊して牛乳を飲めない方でも乳酸菌飲料なら乳糖の吸収を促進させるよう働きかけるので、問題なく乳酸菌を摂取することができます。

 

いくら腸内環境を整えて健康の為に良いからと言って、乳糖不耐症の人間に無理やり牛乳を飲ませるのは、身体に大きな負担をかけますし精神的にも辛い思いをします。ただ味が苦手という問題ではなく、身体が受け付けないのですから。

 


1週間ほどで実感!毎朝スッキリ楽々!
ニューヨーク最高賞受賞の『生きた乳酸菌』

 

アレルギーや体質の問題点

現在は小学校や中学校でも、生徒のアレルギーや体質に関して細かい配慮がなされています。しかしながら今のように研究が進められていなかった昔は、食べ物は残さず食べるという美学のもとに、かなり乱暴な飲食が強要されることも珍しくありませんでした。

 

乳糖不耐症の方でなくても牛乳が苦手という方は少なくありませんが、人間の身体には乳酸菌は必要です。

 

最近発売されている乳酸菌飲料は、飲みやすい工夫がなされ非常に美味しい仕上がりになっています。さっぱりした飲み心地はクセになる程です。是非、乳酸菌飲料で腸内環境を整えて下さい。

 

 

 

タグ :  

乳酸菌   コメント:0

乳酸菌飲料「殺菌済」って何?

読了までの目安時間:約 3分

 

殺菌済

乳酸菌飲料商品には、よく「殺菌済」と表記されています。殺菌処理をしたら、肝心な乳酸菌も死滅してしまうのではないかと気になりますよね。高温の熱を加えたら、悪い菌でも良い菌でも、たちどころに消えてなくなってしまうイメージがあります。

 

この答えはイエスでもあり、ノーでもあります。

 

昔の殺菌済乳酸菌飲料・・・例えば殺菌ヨーグルトドリンクなどは、恐らく菌は死滅していることが予想されます。乳酸菌飲料というカテゴリーに位置しながら、実は乳酸菌の恩恵を享受できないというわけです。

 

しかし、最近の殺菌処理方法は進化していますので、「生きた乳酸菌」などと表記してあるタイプの商品なら殺菌消毒をしていても乳酸菌は死滅していません。現在発売されているすべての乳酸菌飲料に乳酸菌が含有されているわけではありませんから、購入の際はその点もよく調べてみましょう。

 


1週間ほどで実感!毎朝スッキリ楽々!
ニューヨーク最高賞受賞の『生きた乳酸菌』

 

乳酸菌が死滅しない乳酸菌飲料の作り方とは?


殺菌処理でも乳酸菌が死滅していない乳酸菌飲料の処理方法をご紹介しましょう。

 

まず、材料となる牛乳などを、一旦熱処理で殺菌消毒します。容器も薬剤や熱処理で殺菌消毒されます。それから発酵させる前に、乳酸菌を加えるのです。このように処理すれば、乳酸菌は生きたまま飲料として存在できます。

 

 
ちなみに加熱殺菌を行って乳酸菌が死滅した乳酸菌飲料でも、善玉菌を増やして腸内環境を整えることはできます。なぜなら発酵乳に含有される乳酸と、乳酸が乳酸菌によって分解された乳糖は、飲料の中に存在しているからです。

 

 

タグ :   

乳酸菌   コメント:0

乳酸菌飲料ラッシーの作り方

読了までの目安時間:約 3分

 

ラッシー

乳酸菌飲料の作り方をご紹介します。最近手作り乳酸菌飲料としてブームになっているのが、インド名物のラッシーでしょう。ラッシーは乳酸菌飲料ですが、作り方も非常に簡単です。

 

ヨーグルトをベースにした乳酸菌飲料であるラッシーは、砂糖やフルーツ、塩などを混ぜて、幅広くブレンドを楽しむことができます。日本では宮崎県ブームもあり、宮崎県の名産物マンゴーを使ったマンゴー・ラッシーも特に人気を呼んでいます。

 


1週間ほどで実感!毎朝スッキリ楽々!
ニューヨーク最高賞受賞の『生きた乳酸菌』

 

簡単ラッシーの作り方

 

ではラッシーの作り方ですが、材料はヨーグルトと牛乳、水(氷)とジャグリハニーだけです。ジャクリハニー以外は簡単に手に入れることができる材料ですよね。

 

ジャグリハニーは日本の黒砂糖のようなもので、サトウキビから作られる茶色いお砂糖です。→【楽天市場】ジャグリ一覧
もしジャグリハニーが揃わない場合は、普通の蜂蜜で代用してもOKでしょう。

 

まず、ラッシーの材料(ヨーグルト250g、牛乳と水を100gづつ、ジャグリハニー大さじ2杯)をすべてミキサーに入れて攪拌するだけで出来上がりです。

 

 
コツは2回に分けて5秒ぐらいづつ攪拌することです。

「たった5秒を2回だけ?」と物足りなく感じる方もいらっしゃるかも知れませんね。でも攪拌時間が長いと、ヨーグルトはバターミルク状に分離してしまいます。バターミルクという別の飲み物になってしまうのです。

 

バターミルクはラッシーよりも軽いテイストなので、お好みによってはそちらもお試し下さい。>>人気のラッシーのランキング【楽天市場】

 

そのままラッシーを常温で飲んでもOKですが、夏場など暑い時期には、冷やした方が美味しくいただけますよ^^

 

 

タグ :  

乳酸菌   コメント:0

売れ筋の乳酸菌飲料の4つの種類とは?

読了までの目安時間:約 3分

 

乳酸菌飲料の種類

ここ数年で乳酸菌飲料の種類はかなり増えていますよね。その理由は、乳酸菌飲料が身体に良いということが科学的に解明され、次々に乳酸菌飲料の種類が増えていることと、マーケットが拡大している影響があると思います。

 

昔は乳酸菌飲料と言えばヤクルトというイメージがありましたが、この頃は色々な会社から様々な商品が販売されています。では、売れ筋の乳酸菌飲料をご紹介しましょう。【楽天】最新の売れ筋の乳酸菌飲料はこちら

 


1週間ほどで実感!毎朝スッキリ楽々!
ニューヨーク最高賞受賞の『生きた乳酸菌』

 

売れ筋の乳酸菌飲料

 

カルピス社の「アミールS」は、高血圧の方に最適な乳酸菌飲料で、カルピス酸由来の関与成分、ラクトトリペプチド(LTP)を含有しています。

 

ラクトトリペプチド(LTP)は、血圧が高めの方の体調を整えるのにうってつけの成分で、乳から生まれた3つのアミノ酸がつながってできています。高血圧の方は、1日に3.4mgのラクトトリペプチドを摂取することが推奨されています。

 

ザ・プレミアムカルピス」も、カルピス社からの販売ですが、こちらの乳酸菌飲料にも、カルピス社独自の乳酸菌を含有しています。ちなみに、乳酸菌だけではなく、CCPやカルシウムを摂取したい、という方にぴったりなのが、「カルピスぐんぐんグルト」です。

 

また、サントリーフーズの「サントリー ビックル」は、カルシウムとマグネシウムが2対1の割合でブレンドされている乳酸菌飲料です。腸内のビフィズス菌の活性化を促すキシロオリゴ糖も配合されていますから、日々の健康を促進すること間違いなしの1本です。

 

お茶で有名な伊藤園からも、乳酸菌飲料は発売されています。「充実野菜 野菜ヨーグルトミックス」には、白ぶどう、赤ぶどう、レモン、ブルーベリーの4種類の果物、そして20種類の野菜がブレンドされています。

 

 
野菜や果物も健康には欠かせない栄養成分ですが、乳酸菌と合わせることで更に効果をパワーアップできることが知られています。

 

 

タグ :  

乳酸菌   コメント:0

乳酸菌飲料の健康・美容効果とは?

読了までの目安時間:約 3分

 

乳酸菌飲料の効果

乳酸菌飲料には健康上・美容上の様々な効果が期待できます。意識して乳酸菌を乳酸菌飲料などで摂取しないと、腸内環境は悪化し、身体の内側から各臓器や肌にダメージを与えてしまいます。

 

たま〜に乳酸菌飲料を飲むだけではほとんど定期的な効果はないと言われているのでできるだけ毎日摂取するのが良いようです。なかでも乳酸菌飲料の効果として最も有名なのは便秘の解消と予防でしょう。

 


1週間ほどで実感!毎朝スッキリ楽々!
ニューヨーク最高賞受賞の『生きた乳酸菌』

 

乳酸菌は便秘解消と予防に効果的?

 

 
乳酸菌飲料を飲むことで、腸内環境が整えられると、腸が本来の働きを始め、排便を促します。便秘の症状が続いている方は、ひどい肌荒れを発生させてしまいます。

 

顔がくすんだり、ニキビや吹き出物ができたり。こうした便秘を原因とする肌トラブルの場合、美容液などをつけても応急処置でしかなく根本的な解決にはなりません。肌荒れどころか便秘は倦怠感も引き起こし、やがて何らかの病気を発病することも!

 

定期的に排泄しなくてはならない不要な毒素や老廃物が腸内に蓄積されている状態ですから、血液までもドロドロに濁っていきます。しかも腸内がドロドロ状態だと、せっかく摂取した栄養も、きちんと吸収することができません。

 

また、乳酸菌飲料の効果の1つが、花粉症やアトピーなどのアレルギーを予防することです。乳酸菌飲料を飲むことによって、乳酸菌やビフィズス菌を摂取すれば、腹膜や肺のマクロファージや白血球の活性が増大し、アレルギー症状を抑制してくれます。

 

ヤクルト中央研究所でも、乳酸菌飲料がアレルギーに対して効果的に働くことが研究のデータとして論文等で発表されています。ですから花粉症の方は、症状がひどくなる春先だけでも、乳酸菌飲料で積極的に腸内環境を整えるのも一つの対策法かもしれませんね。

 

 

タグ :   

乳酸菌   コメント:0

定番!ヤクルトの乳酸菌飲料といえば…

読了までの目安時間:約 3分

 

ヤクルト

株式会社ヤクルトは、乳酸菌飲料にこだわり続けた会社です。現在は色々な会社から乳酸菌飲料が販売されていますが、それでも乳酸菌飲料と言えばヤクルトというイメージは未だ健在ですよね。

 

ヤクルトから販売されている乳酸菌飲料の中でも、やはりヤクルトシリーズは安定した売り上げを記録し続けています。現在売り出されているヤクルトの乳酸菌飲料の中から、ヤクルトシリーズを御紹介しましょう。

 

まずは通常のヤクルトですが、ノーマルヤクルトにも、1本150億の乳酸菌が含有されています。しかも、シロタ株と呼ばれる生きたまま腸内に到達することができる乳酸菌を使用しています。

 

この通常のヤクルトよりもシロタ株の数が多いのがヤクルト400で、1本の中に、およそ400億個のシロタ株乳酸菌が含まれています。

 

また、美容にこだわる女性向けに開発されたのが、ヤクルトSHEs(シーズ)でコラーゲンが配合されており味もほのかなピーチ味です。

 


1週間ほどで実感!毎朝スッキリ楽々!
ニューヨーク最高賞受賞の『生きた乳酸菌』

 

ダイエット中でも飲めるヤクルトの乳酸菌飲料

 

カロリーの気になるダイエット中の方なら、オススメはヤクルトカロリーハーフで、カロリーと甘さが通常のヤクルトの約半分カットされています。ヤクルト400LTは、ヤクルト400より30%カロリーがカットされている乳酸菌飲料です。

 

更に、ヤクルト300Vでは、ビタミンCやEなどがブレンドされている上、1本で300億個の乳酸菌シロタ株を摂取することができます。

 

以上ヤクルトシリーズには6種類の乳酸菌飲料がありますので、目的と好みに応じて飲み分けてみて下さい^^

 

 

タグ :   

乳酸菌   コメント:0

クロレラの乳酸菌飲料って効果あるの?

読了までの目安時間:約 3分

 

クロレラ食品ハック

クロレラ食品ハック株式会社も乳酸菌飲料商品に力を入れて販売している会社です。クロレラ食品ハック株式会社から発売されている乳酸菌飲料は、現在4種類あります。

 

「りんご5P」、「りんご8P」、「Bigりんご」、「クロレラ青汁」の4種類がクロレラの乳酸菌飲料シリーズですが、どのドリンクにも、クロレラ抽出液が含有されています。

 

特に人気が高いのがクロレラ青汁で、クロレラ抽出液やケール、マグネシウムやカルシウムが含有され、大変身体に良い飲み物です。

 


1週間ほどで実感!毎朝スッキリ楽々!
ニューヨーク最高賞受賞の『生きた乳酸菌』

 

青汁が美容と健康に良いということは有名ですが、ネックは飲みにくさですよね。現在様々な青汁が出回っており、中には飲みやすく工夫されているものもありますが、やはり独特の苦味問題は完全に解決されていません

 

 
「青汁を飲みたいけど味がどうしても苦手で・・・」という方に、クロレラのクロレラ青汁はオススメです。加糖ぶどう糖液糖が加えられていますから、非常に飲みやすくなっています。

 

良薬口に苦し、とは日本で昔から言われている諺ですが、やはりどんなに身体に良いものでも、美味しくなければ飲み続けることができませんし、不味いと思いながら無理して飲んでいると、精神的にもストレスになってしまいます。

 

ストレスは本人が思っている以上に身体に悪影響を与えますから、苦味が苦手な方は、無理して通常の青汁を飲むべきではないと思います。クロレラ青汁のような、飲みやすい乳酸菌飲料もありますから、是非試してみて下さい。

 

 

タグ :  

乳酸菌   コメント:0

乳酸菌飲料ラクールのラクトフェリンの効果ってどうなの?

読了までの目安時間:約 3分

 

ラクトフェリン

ラクールの乳酸菌飲料と言えば「ラクトフェリン」です。ラクールのラクトフェリンを水で飲んで乳酸菌飲料にしている、という方は少なくありません。ラクールの乳酸菌飲料には、どんな効果が期待できるのでしょうか。

 

ラクールのラクトフェリンを乳酸菌飲料にして飲むと、ラクトフェリン、オキシカイン、イーエフパワーを摂取することができます。

 

ラクトフェリンは母乳に多く含有され、赤ちゃんを健康的に育てる役割で有名ですが、乳以外にも、唾液・涙・白血球など幅広いところで生息しています。

 

たんぱく質の一種なのですが、抗菌作用、有害な鉄や酵素を吸収する作用を持ち、人間の身体をウイルスや細菌などからガードしてくれます。>>【楽天】ラクトフェリンのランキングはこちら

 


1週間ほどで実感!毎朝スッキリ楽々!
ニューヨーク最高賞受賞の『生きた乳酸菌』

 

オキシカインの効果は持続性が高い

 

小麦たんぱく質でコーティングしたオキシカインは、南フランス産の品質改良したメロンから抽出した次世代食物酵素で安定化されています。小麦たんぱく質でコーティングしたことによって、口腔摂取しても、消化酵素や胃酸の影響を受けることなく腸管内に吸収されます。

 

この画期的な処理によって、オキシカインは体内で有害な酵素をダイレクトに除去する方法ではなく、より自然な働きをします。人体にはもともと有効な酵素が存在しますが、オキシカインの摂取によって抗原抗体反応が起こり、この有効な酵素の増殖がなされます。しかもその効果は長く継続する特徴があります。

 

食品用乳酸菌であるイーエフパワーは、腸内常在菌のエンテロコッカスEC12が加熱処理されたものです。腸内の善玉菌としては非常に少ないイーエフパワーですが、サイズが小さいため、200mg(1日量)でおよそ6000億個の乳酸菌数を摂取できるという利点があります。

 

この数字だけ見るとよく分からないかも知れませんが、例えばヨーグルトに換算すると、100gのヨーグルトが120個分、乳酸菌飲料なら60本分というかなりの量になります。

 

 

タグ :  

乳酸菌   コメント:0