身体の悩み

身体のお悩み改善

皮膚の湿疹(皮膚炎)によるかゆみの原因と対処法

読了までの目安時間:約 4分

 

湿疹(皮膚炎)のかゆみ

湿疹によるかゆみは、基本的には外的の刺激に対して皮膚が反応することで炎症を起こし、身体の一部や全体に広がったかゆみを生じます。

 

また、この湿疹とは別名として皮膚炎とも呼ばれ、かゆみの症状が出る発疹などを引き起こすような皮膚の病気の総称となっています。

 

そのため、湿疹と皮膚炎というどちらの名称も、あまり区別なく使用されているため、一般的に、かゆみの原因がはっきりしない皮膚の炎症の症状の際に使われていることが多いようです。

 

>>かゆみ止めの軟膏•クリーム一覧【楽天市場】

 

なんで皮膚の湿疹が生じるの?

 

また、丈夫だった皮膚の肌がだんだんと対外の刺激物に対して、自然治癒などの免疫力が弱まっていくことで、湿疹やかゆみ、かぶれが引き起こされることが多いとされています。

 

 
湿疹の患部の皮膚にはかゆみが伴うことが多く、爪などでひっかいたりすると湿疹のかゆみのある患部が悪化する可能性が高いので掻きむしらないように気をつけましょう。

 

傷ついた患部から出た液が、他の部位や他人に触れたからといって湿疹やかゆみが伝染するということはないので心配する必要はありません。

 

この湿疹の症状は、外的刺激よって皮膚が反応し、その結果皮膚が赤くなった状態である赤斑や、小さなブツブツができた状態である丘疹、あるいは、水や膿がたまる小水疱、のう胞などが引き起こされ、その後、身体の免疫系が働き、かさぶたを作りだします。

 

そして、下から新しい皮膚が再生されると、かさぶたが取れ、軽い色素沈着を残して治る場合がほとんどです。しかし、その後も継続して外的要因による刺激が加わった場合、肌は徐々にぶ厚くなり「苔癬化」が起こります。

 

 
治療に使用されるもっとも多い湿疹の治療薬としては、ステロイド薬である副腎皮質ホルモンの外用薬となっていますが、この湿疹の治療薬は長期継続使用によっては副作用を生じることがあるため、使用する際には、皮膚科の専門医による診察と治療法を相談することが大切です。

 

この湿疹の治療には、患部の湿疹の状態によりますが、ガーゼに軟膏をのばして貼ったり、軟膏をそのまま皮膚に直接塗ったりすることで湿疹を治療する場合が多いようです。

 

 

タグ :   

身体のかゆみ   コメント:0

この皮膚のかゆみってアトピーなの?

読了までの目安時間:約 3分

 

アトピー

基本的に人は皮膚の防御として角質層を持っているため、内部の水分を保ちながら外からの攻撃に耐えられるような仕組みを持っています。

 

しかし、アトピーのかゆみで多いアトピー性皮膚炎になってしまうと、この皮膚の角質層の防御システムに重要な脂質の一つであるセラミドが減ってしまい、その結果皮膚の防御システムが弱まってしまいます。

 

一節によると、この防御力の低下によってアレルギーとしての炎症が引き起こされるとも言われています。

 

>>かゆみ止めの軟膏•クリーム一覧【楽天市場】

 

その皮膚の痒みはアトピー性皮膚炎かも

 

また、アトピーによるかゆみの中の病気の一つに、慢性的に湿疹を引き起こすようなアトピー性皮膚炎といった皮膚病があります。このアトピー性皮膚炎症状には、慢性的な皮膚のかぶれや、じんましんとして生じるような突発性のアレルギーによるかゆみなどとは異なり、慢性的なかぶれた状態により皮膚のかゆみを伴うものです。

 

 
アトピー性皮膚炎は遺伝的な要素もあるようで、特効薬もいまだ発見されてはおらず、根本的な治療法はなく、そのかゆみの症状にあわせた対症療法しか今のところない病気となっています。

 

そして、弱いアトピーのかゆみであれば、皮膚の防御機能を強くしたり、刺激による過剰な反応をしないような保湿剤などを基本とする治療法によって、しっとりとした皮膚の保湿を保つスキンケアなどを行うことでアトピーのかゆみを軽減することができます。

 

また、強いアトピーのかゆみの場合、アトピーのかゆみ治療として、ステロイドの一つの副腎皮質ホルモンの外用薬や免疫抑制の働きをする治療薬(プロトピック軟膏)などで炎症を抑える塗り薬を患部に塗る治療法があります。また、基本的には皮膚炎によるものなので、赤みがなくてカサカサしているだけのように見える皮膚の部位であっても、その皮膚周辺にはアトピー症状をもたらす免疫細胞がたくさん集まっています。

 

つまり、見た目には皮膚炎が起こっていないように思っていても、「かゆみ」が生じている場合は何らかの皮膚の炎症などのトラブルがある可能性が高いということです。このような、アトピーのかゆみをコントロールする為にもっとも大事なことは炎症を抑えることです。そして、皮膚の炎症の治療によって、アトピーのかゆみを抑え改善していくことが大切です。

 

 

タグ :    

身体のかゆみ   コメント:0

妊娠中のかゆみの原因と治療法は?

読了までの目安時間:約 3分

 

妊娠中かゆみ

一般的に妊娠中はおりものの量が増えるため、デリケートゾーンにもかゆみを起こすことが多くなります。

 

そして、この妊娠中のかゆみは次の3つの可能性が考えられます。一つ目は、妊娠性掻痒疹で、妊娠中のかゆみの原因としては、妊娠によって胆汁の流れや働きが悪くなることや、ビタミンB不足などによるものがあります。

 

お腹やおっぱいの周りがかゆいという症状の場合であれば、妊娠の影響でその部分の皮膚が急に伸ばされたことによる負担であることも考えられます。

 

>>かゆみ止めの軟膏•クリーム一覧【楽天市場】

 

妊娠中の皮膚のかゆみは治せるの?

 

妊娠中の皮膚のかゆみ治療には、一般的にステロイド入りの軟膏、ワセリン入りの保湿クリーム、ビタミンB剤や抗ヒスタミン剤などが処方されることが多いようです。

 

 
妊娠中のかゆみ止めの種類は、その成分の配合によって様々ありますので、病院で診察を受けて、主治医に相談して自分の症状に適した治療法や治療薬を使うことが大切だと考えられます。

そして、妊娠中のかゆみの原因として考えられる二つ目の原因は、妊婦がアトピーであることや、軽いかゆみであったのに、その場所をかきむしってしまい、妊娠中のかゆみがひどくなっってしまった湿疹の場合もあります。

 

また、他の妊娠中のかゆみの原因にはカンジダの可能性が考えられます。

 

妊娠性掻痒疹や湿疹であれば、かゆみ止めの軟膏やステロイド剤や抗生剤を塗るとかゆみの症状は治まることが多いです。

 

しかし、もしかゆみ止めの薬を使用しても、かゆみが一向に治らないような場合には、かゆい部分の皮膚を培養して検査することでカンジダによるかゆみなのかどうかが明らかになります。

 

カビの一種であるカンジダの感染は性器部分でなくても身体の各部位にかゆみが出てくる場合もあります。

 

なお、炎症性乳ガンが原因となるかゆみもあるので、一度しっかりと病院で診察を受けることをおすすめします。

 

また性器部分のかゆみがあり、おりものの量が急に増える場合には、膣炎にかかっている可能性もありますので、早急に皮膚科などの専門医に診断してもらうことが重要です。

 

 

タグ :   

身体のかゆみ   コメント:0

全身にかゆみが生じる病気とは?

読了までの目安時間:約 4分

 

全身のかゆみ

一般的に全身にかゆみが生じる病気には様々なものがあります。例えば、皮膚病によるものや、ウイルス性・内臓疾患によるものがかゆみを伴うことがあります。

 

また、全身にかゆみを伴うウイルス性の病気としては、有名な水ぼうそう、そして、あまり知られていない病気である溶連菌感染症(しょう紅熱)などが挙げられます。

 

この水ぼうそうによる全身のかゆみの場合は、ウイルスに感染後約2週間の病気としての潜伏期間を持ち、発症すると赤く皮膚が腫れて盛り上がったような発疹が全身にできるのが特徴的です。

 

この発疹は強いかゆみおよび継続的な高熱を伴い、赤く腫れた発疹部位が水ぶくれ状態となり、その後、徐々に治ってくると水ぶくれから新たにかさぶたができ徐々に熱も下がってくるという症状の病気となっています。

 

一方の溶連菌感染症(しょう紅熱)の場合は、潜伏期間が約2〜5日程度であり、高熱が発症してから丸一日後に全身に発疹ができ、太ももの内側や首、腋の下などの皮膚が弱い部分に発疹が目立つことが溶連菌感染症(しょう紅熱)に特徴的な症状となっています。

 

>>かゆみ止めの軟膏•クリーム一覧【楽天市場】

 

全身のかゆみを感じる原因は?


このような全身のかゆみを感じる原因としては、ヒスタミンなどの化学物質による刺激やアトピー、疥癬などの皮膚疾患などが考えられますが、その他にも蚊やダニなどの吸血反応によるかゆみや閉塞性黄疸や糖尿病などといった病気、もしくは妊娠末期の妊婦の方や、心理的な要因がかゆみの原因となっていることがあります。

 

これらのウイルス性の病気であれば、基本的にはペニシリンなどの抗生物質が服用されるのが一般的ですが、内臓の疾患による場合の全身がかゆみの場合は、ガンの前兆・悪性のリンパ腫・糖尿病・肝臓病・腎不全・甲状腺の病気・白血病などが考えられます。特に、皮膚病による身体全身のかゆみの場合においては、秋〜冬の空中が乾燥し始める時期にかけて皮膚そう痒症や皮脂欠乏性皮膚炎などが起こりやすい皮膚病とされていますので注意が必要です。

 

これらの病気は、比較的ご年配の方に目立つため、部屋に加湿器や濡れたタオルなどを設置して部屋の乾燥を防止することが非常に効果的な予防法となります。

 

 
全身の皮膚のかゆみの症状が軽度であれば、市販薬で様子をみることも一つの方法ですが、様々全身のかゆみの原因があるので、できるだけ一度皮膚科などの専門医の診療を受けることをおすすめします。

 

 

タグ :  

身体のかゆみ   コメント:0

身体のかゆみに関する対処法まとめ

読了までの目安時間:約 4分

 

身体のかゆみ

身体のかゆみに悩まされている人も多いと思います。私自身季節の変わり目に肌の弱い部分にカユミが走って掻くと蕁麻疹のようになる症状が続いています。乾燥などに気をつけても何故か毎年2回くらい発症します^^;

 

こういった身体の各部位のかゆみの対処法としては、飲み薬と塗り薬の2種類のタイプがあります。

 

かゆみ止めの飲み薬とは?

 

主に、かゆみ止めの飲み薬には、抗ヒスタミン薬・抗アレルギー薬と呼ばれるものがあり、かゆみを起こすヒスタミンという体内の物質を主に抑えることでかゆみ止めとして働きます。

 

自分に一番合ったかゆみ止めを見つける為に主治医に相談することが必要です。また、効果の強い治療薬を使用する場合には、その副作用にも注意する必要があります。

 
もし、治療薬の使用後に何か変わった症状などがでたら、すぐに皮膚科の専門医の方へ再度診察を受けるようにして、症状や悩み、疑問点などを相談することをおすすめします。

 

かゆみ止めの塗り薬とは?

 

かゆみのある患部がじゅくじゅくして水気が多い場合は、基本的に軟膏タイプのかゆみ止めの塗り薬を、また、かゆみが生じている患部が乾燥している際には、塗り薬はクリームやローションタイプのかゆみ止めを選択することが大事です。

 

そして、もし、脇や顔などの皮膚の薄い(弱い)患部にかゆみ止めを使用する際にはステロイド系の治療薬を使用せずに非ステロイド成分の治療薬を使うようにしましょう。
 

特に目の周辺には、絶対にこのようなステロイド系の治療薬は使用しないようにしましょう。もし、何か分からないことがあれば、皮膚科の専門医や薬剤師に相談することをおすすめします。
 

下記に様々なかゆみに対する治療薬の成分をあげます。

 

 

    • かゆみを抑える成分

    「抗ヒスタミン薬」、「局所刺激成分(麻酔)」

    • 炎症を抑える成分

    「非ステロイド系消炎鎮痛薬」、「ステロイド剤、副腎皮質ホルモン」

    • その他の作用のある成分

    抗菌作用を持つ成分、血行を促進する作用のある成分、角質化を抑制する働きを持つ成分


 

しかし、これらの薬を飲むことにより、ある程度のかゆみを緩和することができますが、それでも完 全にかゆみを根絶するような根本的な治療薬ではありませんので、かゆみの原因を完全に治療すると いうことはできません。

 

基本的には、身体のかゆみや炎症が重度の時には、その治療薬として、セレスタミン、プレドニン、リンデロンなどのステロイド剤である飲み薬を一時的に服用してかゆみや炎症を抑える治療が行われています。

 

また、これらのかゆみなどに対する治療薬を使用した場合は、特に、薬の副作用に気をつける必要があります。しっかりと、皮膚科の専門医などの指示に従い適量を守ることが重要だと思います。

 

もし万が一副作用が出た場合は、すぐに主治医の診察を受けた方がいいでしょう。

 

 

タグ :

身体のかゆみ   コメント:0

1 8 9 10