身体の悩み

身体のお悩み改善

ビキニラインの処理に毛抜きを使うのは危険でNGなの!?

読了までの目安時間:約 3分

 

 

ビキニライン 毛抜き

ビキニラインに毛抜きを使うのは、あまりにも無謀過ぎます。

 

基本的にムダ毛の自己処理方法は抑毛ローション以外、全部肌への負担が強いのでオススメすることはできません。

 

中でも、特にリスクが高いのが"抜く"という処理です。

 

下着で擦れて皮膚の表皮細胞がガタガタになり、慢性的に乾燥しやすいビキニラインは、いつ色素沈着が起きてもおかしくありません。

 

実際、ビキニラインだけ妙に黒ずんでしまっている方も少なくありません。

 

乾燥が黒ずみを引き起こすことはあまり知られていませんが、ただでされ下着の摩擦で強い負担がかかっているビキニラインに毛抜きを使うのは本当に危険な行為です。

 

 

そもそもビキニラインは毛抜きを使った時の痛みに耐えられない程、皮膚の厚みがありません。

 

たった1本処理するだけで、相当な痛みを我慢しなければなりません。

 

 
「いつも毛抜きで処理しているから、今はもう慣れて痛くない」なんて方もいらっしゃいますが、痛点が麻痺する程処理を繰り返しているなら、恐らく見た目にもビキニラインが荒れている筈です。

 

ビキニラインのムダ毛を毛抜きで繰り返し処理すると、どんどん黒ずみが進行し、埋没毛や毛嚢炎トラブルでボロボロになります。

 

毛抜きで強引に体毛を抜かれた後の毛穴は完全に閉じにくく、常に毛穴が開いた状態になる為、こういったトラブルに見舞われやすくなります。

 

毛穴トラブルが落ち着いても、その影響で更に毛穴周りが黒ずんでしまう可能性はおおいにあります。

 

 
毛抜きの他、ワックスやテープなど“抜く”タイプのムダ毛処理方法は避けた方が無難です。

 

スポンサード リンク


 

タグ :  

ビキニライン   コメント:0

この記事に関連する記事一覧