身体の悩み

身体のお悩み改善

ビキニラインの陰部に痛い毛嚢炎が出来る原因と対処法とは?

読了までの目安時間:約 3分

 

 

ビキニライン 毛嚢炎

ビキニラインに毛嚢炎ができてしまうと、治るまでしばらくの間痛みに耐えなくてはなりません

 

水着を着る為に毛抜きなどでビキニラインのムダ毛を処理することが原因で毛嚢炎を引き起こしてしまうケースが多発していますが、痛みと見た目の醜さでとても水着を着る気にはなれない筈です。

 

ビキニラインにできやすい毛嚢炎は一見ニキビのように見えますが、ニキビではなくブドウ球菌に感染して引き起こされる細菌感染トラブルです。

 

ビキニラインは乾燥や摩擦による色素沈着が起きやすい一方、蒸れやすいのでこういった感染トラブルに見舞われやすい厄介な部位です。

 

 
特に夏場は毛嚢炎の発症率が上昇しますし、重ね着によって激しく蒸れる冬場も油断大敵です。

 

最初は毛穴が膿で白く盛り上がる症状、赤みを帯びた湿疹ができる症状から始まりサイズも小さいものの、次第に熱を放つようになりサイズも大きくなります。しこりが硬くなり痛みも強く出るようになるでしょう。

 

軽度なら放置しても自然治癒することがありますが、既にじんじん痛むような場合、皮膚科や婦人科で抗生物質、軟膏治療を行う必要があります。

 

膿が激しく出ている場合、皮膚を切開する処置が行われることも。

 

どうしても病院で診て貰うのに抵抗を感じるなら、抗生物質配合の医薬品、ドルマイシン軟膏を試してみて下さい。

 

 

毛嚢炎トラブルを招きやすい毛抜き処理を避け、普段から通気性の良い下着を選び入浴中は抗菌作用に優れた石鹸でしっかりビキニラインを洗いましょう。

 

スポンサード リンク


 

タグ :  

ビキニライン   コメント:0

この記事に関連する記事一覧