身体の悩み

身体のお悩み改善

ビキニラインの水ぶくれが粉瘤ならやヤバいかも!?

読了までの目安時間:約 3分

 

 

ビキニライン 水ぶくれ

ビキニラインに水ぶくれができると場所が場所だけに何らかの病気、最悪性病なのではと強い不安を感じるかも知れません。

 

異常を感じたらとにかく医療機関で診て貰うのが一番ですが、実はビキニラインは水ぶくれのような皮膚トラブルが起きやすい場所でもあります。

 

例えば、ビキニラインを毛抜きやカミソリなどで自己処理している場合、毛嚢炎が引き起こされるケースも少なくありません。

 

乱暴で不衛生な自己処理のせいで、細菌が毛穴に入り込んでしまい、毛穴内部で炎症が起きている状態です。

 

元々ニキビなどのできものがあるところに細菌が侵入すると、水ぶくれからすぐに感染し膿が出ることも。

 

 
自己処理もしていないしニキビもなかったのに突然水ぶくれができた場合は、やはり心配なので一度皮膚科で診て貰いましょう。

 

例えば、粉瘤と呼ばれる良性の皮膚腫瘍も最初は小さな水ぶくれのように見えますが、徐々に大きくなり赤く腫れ上がることもあります。

 

水ぶくれが粉瘤なら要注意!

 

もし粉瘤なら手術で取り除かない限り、自然になくなることはありません。

 

ビキニラインの水ぶくれが自然治癒するものなのか、粉瘤のように専門の治療が必要なのか、素人が自分で判断するのは簡単ではありません

 

もし自然治癒するものでも、皮膚科や形成外科で抗生物質や外用薬を処方して貰えば、市販薬を使うよりも的確かつスピーディーに治癒させることができます。

 

 
水ぶくれが悪化し、ビキニラインに色素沈着が残る事態を避ける為にも早い段階で手を打ちましょう。

 

スポンサード リンク


 

タグ : 

ビキニライン   コメント:0

この記事に関連する記事一覧