乳酸菌飲料 殺菌

身体のお悩み改善

乳酸菌飲料「殺菌済」って何?

読了までの目安時間:約 3分

 

 

殺菌済

乳酸菌飲料商品には、よく「殺菌済」と表記されています。殺菌処理をしたら、肝心な乳酸菌も死滅してしまうのではないかと気になりますよね。高温の熱を加えたら、悪い菌でも良い菌でも、たちどころに消えてなくなってしまうイメージがあります。

 

この答えはイエスでもあり、ノーでもあります。

 

昔の殺菌済乳酸菌飲料・・・例えば殺菌ヨーグルトドリンクなどは、恐らく菌は死滅していることが予想されます。乳酸菌飲料というカテゴリーに位置しながら、実は乳酸菌の恩恵を享受できないというわけです。

 

しかし、最近の殺菌処理方法は進化していますので、「生きた乳酸菌」などと表記してあるタイプの商品なら殺菌消毒をしていても乳酸菌は死滅していません。現在発売されているすべての乳酸菌飲料に乳酸菌が含有されているわけではありませんから、購入の際はその点もよく調べてみましょう。

 


1週間ほどで実感!毎朝スッキリ楽々!
ニューヨーク最高賞受賞の『生きた乳酸菌』

 

乳酸菌が死滅しない乳酸菌飲料の作り方とは?


殺菌処理でも乳酸菌が死滅していない乳酸菌飲料の処理方法をご紹介しましょう。

 

まず、材料となる牛乳などを、一旦熱処理で殺菌消毒します。容器も薬剤や熱処理で殺菌消毒されます。それから発酵させる前に、乳酸菌を加えるのです。このように処理すれば、乳酸菌は生きたまま飲料として存在できます。

 

 
ちなみに加熱殺菌を行って乳酸菌が死滅した乳酸菌飲料でも、善玉菌を増やして腸内環境を整えることはできます。なぜなら発酵乳に含有される乳酸と、乳酸が乳酸菌によって分解された乳糖は、飲料の中に存在しているからです。

 

スポンサード リンク


 

タグ :   

乳酸菌   コメント:0

この記事に関連する記事一覧