身体の悩み

身体のお悩み改善

乳酸菌飲料のシェアはどの会社が強いの?

読了までの目安時間:約 3分

 

 

乳酸菌飲料のシェア

乳酸菌飲料のシェアを占めているのは、やはり株式会社ヤクルトです。今も昔も、乳酸菌飲料と言えばヤクルトというイメージはどのご家庭でも定着しています。

 

最近は乳酸菌飲料のシェアもヤクルトが独占しているわけではありませんが、かつてはそれこそ不動の位置に君臨していたわけです。日本の乳酸菌飲料市場はヤクルトがシェアリーダーとして活躍し安定させてきた背景があります。

 


1週間ほどで実感!毎朝スッキリ楽々!
ニューヨーク最高賞受賞の『生きた乳酸菌』

 

ヤクルトの「ビフィア」が人気に

 

以前、乳酸菌飲料市場の大半をシェアするヤクルトから発売された「ビフィア」が、かなりの売り上げを記録しました。ヤクルト側としても、1日10万本の売り上げを目標としており、各業界からも注目が集まったようです。

 

ビフィアは、ヤクルト独自のビフィズス菌「B.ブレーベ・ヤクルト株」が使用した乳酸品乳酸菌飲料です。酵素や消化液に耐え、大腸まで到達できるという特性があります。ちなみに株式会社ヤクルトの「ヤクルト」は、乳酸菌「L.カゼイ・シロタ株」が使用されています。

 

 
ビフィズス菌は、元々人間の体内に存在しています。生まれて間もない赤ちゃんの腸内に生息する細菌の大半は、ビフィズス菌です。腸内環境を整える役割を果たすビフィズス菌は、ストレスや食生活の変化、加齢によってどんどん現象していきますから、意識して積極的に摂取する必要があります。

 

美肌で有名な美容家の佐伯チズさんも、肌を美しく保つには腸内環境を整えることが一番と断言しています。腸内環境が悪化すると、美肌どころか様々な病気を引き起こす原因にもなりますし、できれば1日1本の乳酸菌飲料を習慣にしたいものです。

 

スポンサード リンク


 

タグ :  

乳酸菌   コメント:0

この記事に関連する記事一覧