身体のかゆみ

身体のお悩み改善

身体のかゆみに関する対処法まとめ

読了までの目安時間:約 4分

 

 

身体のかゆみ

身体のかゆみに悩まされている人も多いと思います。私自身季節の変わり目に肌の弱い部分にカユミが走って掻くと蕁麻疹のようになる症状が続いています。乾燥などに気をつけても何故か毎年2回くらい発症します^^;

 

こういった身体の各部位のかゆみの対処法としては、飲み薬と塗り薬の2種類のタイプがあります。

 

かゆみ止めの飲み薬とは?

 

主に、かゆみ止めの飲み薬には、抗ヒスタミン薬・抗アレルギー薬と呼ばれるものがあり、かゆみを起こすヒスタミンという体内の物質を主に抑えることでかゆみ止めとして働きます。

 

自分に一番合ったかゆみ止めを見つける為に主治医に相談することが必要です。また、効果の強い治療薬を使用する場合には、その副作用にも注意する必要があります。

 
もし、治療薬の使用後に何か変わった症状などがでたら、すぐに皮膚科の専門医の方へ再度診察を受けるようにして、症状や悩み、疑問点などを相談することをおすすめします。

 

かゆみ止めの塗り薬とは?

 

かゆみのある患部がじゅくじゅくして水気が多い場合は、基本的に軟膏タイプのかゆみ止めの塗り薬を、また、かゆみが生じている患部が乾燥している際には、塗り薬はクリームやローションタイプのかゆみ止めを選択することが大事です。

 

そして、もし、脇や顔などの皮膚の薄い(弱い)患部にかゆみ止めを使用する際にはステロイド系の治療薬を使用せずに非ステロイド成分の治療薬を使うようにしましょう。
 

特に目の周辺には、絶対にこのようなステロイド系の治療薬は使用しないようにしましょう。もし、何か分からないことがあれば、皮膚科の専門医や薬剤師に相談することをおすすめします。
 

下記に様々なかゆみに対する治療薬の成分をあげます。

 

 

    • かゆみを抑える成分

    「抗ヒスタミン薬」、「局所刺激成分(麻酔)」

    • 炎症を抑える成分

    「非ステロイド系消炎鎮痛薬」、「ステロイド剤、副腎皮質ホルモン」

    • その他の作用のある成分

    抗菌作用を持つ成分、血行を促進する作用のある成分、角質化を抑制する働きを持つ成分


 

しかし、これらの薬を飲むことにより、ある程度のかゆみを緩和することができますが、それでも完 全にかゆみを根絶するような根本的な治療薬ではありませんので、かゆみの原因を完全に治療すると いうことはできません。

 

基本的には、身体のかゆみや炎症が重度の時には、その治療薬として、セレスタミン、プレドニン、リンデロンなどのステロイド剤である飲み薬を一時的に服用してかゆみや炎症を抑える治療が行われています。

 

また、これらのかゆみなどに対する治療薬を使用した場合は、特に、薬の副作用に気をつける必要があります。しっかりと、皮膚科の専門医などの指示に従い適量を守ることが重要だと思います。

 

もし万が一副作用が出た場合は、すぐに主治医の診察を受けた方がいいでしょう。

 

スポンサード リンク


 

タグ :

身体のかゆみ   コメント:0

この記事に関連する記事一覧