乳酸菌飲料 種類

身体のお悩み改善

売れ筋の乳酸菌飲料の4つの種類とは?

読了までの目安時間:約 3分

 

 

乳酸菌飲料の種類

ここ数年で乳酸菌飲料の種類はかなり増えていますよね。その理由は、乳酸菌飲料が身体に良いということが科学的に解明され、次々に乳酸菌飲料の種類が増えていることと、マーケットが拡大している影響があると思います。

 

昔は乳酸菌飲料と言えばヤクルトというイメージがありましたが、この頃は色々な会社から様々な商品が販売されています。では、売れ筋の乳酸菌飲料をご紹介しましょう。【楽天】最新の売れ筋の乳酸菌飲料はこちら

 


1週間ほどで実感!毎朝スッキリ楽々!
ニューヨーク最高賞受賞の『生きた乳酸菌』

 

売れ筋の乳酸菌飲料

 

カルピス社の「アミールS」は、高血圧の方に最適な乳酸菌飲料で、カルピス酸由来の関与成分、ラクトトリペプチド(LTP)を含有しています。

 

ラクトトリペプチド(LTP)は、血圧が高めの方の体調を整えるのにうってつけの成分で、乳から生まれた3つのアミノ酸がつながってできています。高血圧の方は、1日に3.4mgのラクトトリペプチドを摂取することが推奨されています。

 

ザ・プレミアムカルピス」も、カルピス社からの販売ですが、こちらの乳酸菌飲料にも、カルピス社独自の乳酸菌を含有しています。ちなみに、乳酸菌だけではなく、CCPやカルシウムを摂取したい、という方にぴったりなのが、「カルピスぐんぐんグルト」です。

 

また、サントリーフーズの「サントリー ビックル」は、カルシウムとマグネシウムが2対1の割合でブレンドされている乳酸菌飲料です。腸内のビフィズス菌の活性化を促すキシロオリゴ糖も配合されていますから、日々の健康を促進すること間違いなしの1本です。

 

お茶で有名な伊藤園からも、乳酸菌飲料は発売されています。「充実野菜 野菜ヨーグルトミックス」には、白ぶどう、赤ぶどう、レモン、ブルーベリーの4種類の果物、そして20種類の野菜がブレンドされています。

 

 
野菜や果物も健康には欠かせない栄養成分ですが、乳酸菌と合わせることで更に効果をパワーアップできることが知られています。

 

スポンサード リンク


 

タグ :  

乳酸菌   コメント:0

この記事に関連する記事一覧