身体の悩み

身体のお悩み改善

不快な「おりもの」のかゆみは意外なものが原因に?

読了までの目安時間:約 3分

 

 

おりもの かゆみ

「おりもの」でかゆみがでる場合というのは、たとえば「カンジダ膣炎」になると、白いポロポロとしたおりものがでて、外陰部のかゆみをともないます。

 

「おりもの」とは、膣や子宮からの分泌物で、通常は無色透明または白色をしています。下着やナプキンにつくと変色することもあります。生理前になるとおりものの量は増え、排卵期には粘り気のあるおりものがでます。

 

「おりもの」でかゆみがでる場合というのは、たとえば「カンジダ膣炎」になると、白いポロポロとしたおりものがでて、外陰部のかゆみをともないます。

 

カンジダ膣炎の治療方法ですが、カンジダというのはカビの一種で、膣内を洗浄した後、膣錠を使用し、軟膏やクリームなどを塗ります。

 

 
通院期間は1〜2週間ですが、再発を繰り返すことが多いようです。

 

「トリコモナス膣炎」は、トリコモナス原虫という寄生虫の感染が原因となって起こります。感染経路は、性行為、入浴時のイス、便器などからうつるケースもあるようです。

 

トリコモナス膣炎の症状は、白いあわ状のおりものや黄色っぽいおりものが増えたり、外陰部のかゆみなどです。

 

治療方法は、内服薬の服用、膣内の洗浄と膣錠の使用、外陰部のかゆみに対しては、軟膏・クリームを塗ります。男性にはほとんど自覚症状がないので、感染に気づけないことがあります。女性に感染が確認された場合は、パートナーにも検査を受けてもらって下さい。

 

「細菌性膣炎」は、魚臭帯下とも呼ばれ、魚のような生臭い不快なニオイのするおりものがでるのが特徴です。細菌性膣炎の治療は、腟内を洗浄し、抗生物質の腟錠を挿入します。

 

外陰部のかゆみに対しては、軟膏を用いて治療します。おりものに異常や変化がみられたときは、泌尿器科や産婦人科を受診されてください。

 

スポンサード リンク


 

タグ :    

身体のかゆみ   コメント:0

この記事に関連する記事一覧