婦人病 かゆみ

身体のお悩み改善

婦人病「膣炎」のかゆみの原因と対処法とは?

読了までの目安時間:約 3分

 

 

婦人病のかゆみ

婦人病でかゆみをともなうものに「膣炎」があります。膣が炎症を起こし、症状としては、おりものが増え、かゆみや悪臭がでます。

 

最も多いのは膣の細菌感染によるものですが、化学物質によるかぶれや、通気性の悪い衣類を身につけることによりむれて起こる場合もあるようです。

 

膣炎は成人女性に多い病気ですが、幼児や老人にみられることがあります。加齢により、膣内の自浄作用が低下し、細菌が増殖しやすいことなどが原因のひとつです。

 

膣炎の治療法とは?

 

膣炎には、カンジダ膣炎、トリコモナス膣炎、細菌性膣炎といったさまざまな種類があり、原因により治療法が異なります。原因を特定したら、膣内の洗浄、膣錠の使用、内服薬の服用などを行います。

 

また、膣炎と同時に発症しやすい病気に、「外陰炎(がいいんえん)」があります。外陰炎は、外陰部に細菌やウイルス、カビなどが感染して炎症を起こし、おりものが増えたり、陰部にかゆみが生じるものです。

 

外陰炎の治療法は、カビによるものは、抗カビ薬の投与を行い、外陰部には軟膏やクリーム剤を塗ります。高齢で外陰や腟粘膜の弱い方には、ホルモン剤の投与を行います。

 

 

膣炎や外陰炎の予防方法ですが、外陰部を清潔に保ち、香料入りのタンポン、防臭スプレーなどの使用、通気性の悪い下着、きついガードル、パンティーストッキングの素材などには気をつけたほうがよろしいようです。また、衛生面に注意するのは大切なことですが、過度の洗浄は膣の自浄作用を妨げる場合があります。

スポンサード リンク


 

タグ :    

身体のかゆみ   コメント:0

この記事に関連する記事一覧