身体の悩み

身体のお悩み改善

じんましんのかゆみの原因って何?対処法はどうすれば?

読了までの目安時間:約 3分

 

 

じんましんのかゆみ

じんましんは、食物や薬などによるアレルギー性のもの、カビや細菌などの感染性のもの、寒い場所から暖かい場所にうつったときの温度差など、いろいろです。

 

じんましんの原因が特定できる場合には、その原因を避けることで防げますが、原因がわからない場合だと、何度も同じ刺激を受けて再発することがあります。環境を変えることで完治する場合もあるようです。

 

また、じんましんの症状は、皮膚の表面に発疹ができ、赤くはれ、かゆみがともないます。発疹の大きさは、小さなものから大きなものまで、形はさまざまです。地図のようにつながって出る場合もあります。

 

 
発疹、かゆみが短時間で消えるものを急性じんましん、症状がおさまらず長く続くものは慢性じんましんとされます。

 

じんましんの治療には、抗ヒスタミン剤が用いられます。抗ヒスタミン薬は、じんましんの原因物質であるヒスタミンを出しにくくする薬です。

 

また、アレルギー性のじんましんに関しては、アレルギーの原因であるアレルゲンを特定して、そのアレルゲンを注射することにより、抗体を生成する「脱感作療法」いう治療法があります。

 

なお、じんましんの起こる原因さえわかれば、治りは比較的早い病気だと言われています。

 

そして、じんましん治療の薬は、塗り薬であれば、クリーム剤、軟膏剤、液剤、ローション剤などじんましんのできている場所により、塗りやすいものを使用するとよいでしょう。

 

飲み薬は、錠剤、カプセル剤、顆粒剤、シロップ剤などがありますので飲みやすいものを服用することができます。

 

スポンサード リンク


 

タグ :    

身体のかゆみ   コメント:0

この記事に関連する記事一覧