ギブス かゆみ

身体のお悩み改善

腕や足の骨折に使うギブスのかゆみの原因と2つの対処法とは?

読了までの目安時間:約 2分

 

 

ギブスのかゆみ

骨折などして、腕や足にギブスをしていると、中が猛烈なかゆみにおそわれることがあります。とくにかゆくて眠れないというのは特にツライものです。

 

寝る前に、ドライヤーの冷風をあてて乾燥させておくといいみたいです。病院にかゆみ止めの薬を処方してもらいましょう。

 

また、ギブス内がムレてたいへんニオイます…。ギブス内に長いノズルを挿入して、かゆみを止めるスプレーがあります。一回のスプレーで、効果は数時間持続します。熱や湿気、不快なニオイなども吸収するので、イライラが軽減されると思います。

 

ただし、注意書きに「皮膚にトラブルのある場合、または乳幼児、子供、皮膚の弱い方は使用しないでください。」とあるので、皮膚のほかの部分に吹きつけてみて、テストしてから使用されたほうがいいと思います。

 

 
ギブスをしている上に中がかぶれたりしたら、さらに悲惨なことになるので注意しましょう。

 

ギブスをしているときにたいへんなのはお風呂だと思います。シャワー時にギブスヘ水がかからないようにするシャワーカバーが売られています。シャワーカバーは、ギブスの部分に合わせてビニール袋の両端にゴムひもを通して、手作りされてもよいと思います。

 

ところで、ギブスも進歩していて、石膏ギブスに比べると軽量で、メッシュ素材でできている通気性のよいものがでています。耐水性、耐蝕性に優れているということなので、日常生活をおくる上でも便利そうです。

 

こういったギブスを使用している病院で治療されるとよいでしょう。

 

スポンサード リンク


 

タグ :   

身体のかゆみ   コメント:0

この記事に関連する記事一覧