日焼け かゆみ

身体のお悩み改善

もし日焼けして皮膚のかゆみが起こってしまった時の対処法とは?

読了までの目安時間:約 3分

 

 

日焼けのかゆみ

海岸で肌を焼いていて、寝てしまったことがあります。おかげで一皮むきました…。かゆみと痛みで、しばらくあおむけに寝られませんでした。

 

日焼けも小麦色に焼ける人と、まっ赤になってかゆみのでる人がいます。これは、肌のメラニン色素の違いによるもので、メラニン色素の多い人ほど、まっ黒に日焼けします。メラニン色素の少ない色白の人ほど、紫外線によるダメージは大きいので、しっかりとした紫外線対策が必要になります。

 

しかし、一見小麦色で健康的に焼けているような人でも、日焼けは肌にダメージを与えています。日焼けには手入れが必要です。

 

日焼けした後の対処方法ですが、まず、炎症をおさえるために冷やしましょう。冷たい水にぬらしたタオルを、患部に押しあてます。日焼けした部分は刺激に弱いので、できるだけさわらないようにします。痛みやかゆみがおさまったら、低刺激性の化粧水や乳液などで保湿してください。

 

日焼けしてしばらくたつと皮がむけてきます。この皮をむりやりはがさないようにしましょう。無理にはがすとあとが残る場合があります。

 

日焼けの予防法ですが、日焼け止めを塗ることはみなさんご存知だと思いますが、日焼け止めクリームを塗りっぱなしということはありませんか?

 

日焼けどめクリームの効果は、日焼け防止の数値が「SPF10」であれば、何もぬらない状態より10倍ほど紫外線防止効果があるという意味です。SPFは50までありますが、数値が大きいほど長持ちします。1度塗ってしまえば1日持つということではありませんので、塗りなおしが必要です。

 

 
耳や首などの日焼け止めを塗り忘れて、後で大変なことになったなんて話も聞きます。顔だけでなく首の後ろや手の甲など肌が露出する身体のパーツの日焼には注意しましょう。

スポンサード リンク


 

タグ :   

身体のかゆみ   コメント:1

この記事に関連する記事一覧