乳輪のかゆみ

身体のお悩み改善

乳輪のかゆみの原因って何?

読了までの目安時間:約 3分

 

 

乳頭乳輪のかゆみ

乳頭や乳輪は過敏になりやすく、かゆみを覚える方も結構多いようです。この乳輪のかゆみの原因としては、汗腺の一種であるモントゴメリー腺が軽い感染を起こした結果、乳頭や乳輪のかゆみを起こすことが知られています。

 

このように、乳頭や乳輪の部位は、過敏であり、よく湿疹を起こしたり汗腺などの感染を引き起こすことが特徴的です。

 

また、湿疹や汗腺などによる感染による乳輪のかゆみの場合は、1週間程度の治癒期間が必要な場合が多いです。

 

乳輪のかゆみの対処法

 

乳輪や乳頭のかゆみの治療法としては軟膏をかゆみの生じている患部へ塗り、刺激を受けないようガーゼなどで皮膚を保護しておくのが大切です。もし、1週間以上経過しても一向に乳輪や乳頭のかゆみが治る気配がなかったり、患部が悪化することがあれば、ジェット病の疑いもありますので皮膚科の専門医の方へ一度診察を受けることをおすすめします。

 

基本的には、乳輪やその周囲にかゆみを生じる湿疹の場合は、主にステロイド系の軟膏等でかゆみが改善するでしょう。しかし、かゆみの原因が湿疹である可能性がある場合は、皮膚科に受診することをお勧めします。

 

 
妊娠中の乳輪のかゆみの場合は、基本的に薬剤ではなく保湿クリームを使用して皮膚のかゆみを保護することがよいとされていますが、あまりに多くの保湿クリームを使用した場合は過剰な皮脂により、かゆみを引き起こす可能性があるので気をつけましょう。

 

なお、現在ご使用されている石鹸やスキンケアクリームを変えてみることもかゆみの改善方法の一つとなります。というのも、洗浄力が強い石鹸の場合、必要な皮脂まで除去してしまうため、乾燥やかゆみを招くことがあります。

 

そして、保湿ケアをしても乳頭や乳輪のかゆみが改善されない時には、ワセリンや尿素軟膏などでケアする場合もあるようです。また乳頭や乳輪患部にただれや潰瘍など炎症がおきている場合は、皮膚科の専門医に一度診てもらいかゆみ治療のための薬剤の処方を受けるようにしましょう。

 

スポンサード リンク


 

タグ : 

身体のかゆみ   コメント:0

この記事に関連する記事一覧