身体の悩み

身体のお悩み改善

陰嚢(男性の股間)のかゆみって病気なの?

読了までの目安時間:約 3分

 

 

スクリーンショット 2014-01-10 8.17.42

男性の股間の痒みとして多い陰嚢湿疹の症状としは患部が赤くなり、分泌物も伴い、どうしようもないくらいかゆくなります。

 

陰嚢のかゆみには様々あり、下記に陰嚢のかゆみの症状例をあげます。

 

様々な原因があるため、数日以上股間のかゆみが続く場合は、一度泌尿器科、皮膚科など病院で診察してもらいましょう。

 

【陰部ヘルペス】

性器に感染しているヘルペスウイルスが性交によってうつる性病のひとつ。包皮、陰茎亀頭および陰茎幹にかゆみや痛みを伴う小さな水泡ができ、疲労や免疫力低下により再発することがあるので、注意が必要です。

 

【陰嚢カンジダ症】
粉がふき赤くなります。青年、入院患者、動労者などに好発しますし糖尿病が、あるとさらに出来やすくなり、入浴時に石鹸でよく洗う必要が、あります。

 

【陰部掻痒症】
汗、ムレ、下着とのスレ、乾燥などが原因とし、陰嚢や肛門周辺に発生します。

 

【湿疹(陰嚢湿疹)】
陰嚢湿疹(いんのうしっしん)とは男性の陰嚢に湿疹をおこす皮膚病。

 

【接触性皮膚炎】
かぶれとも呼ばれており、さわったものが原因で皮膚に炎症を起こす病気。

 

【疥癬】
ヒゼンダニ(疥癬虫)というダニの一種が、皮膚の角質層内に寄生しておこる皮膚感染症です。男性では、陰嚢・陰茎に赤褐色のしこりがよく見られ、全身あちこちに始終かゆさを感じる皮膚病です。

 

 

陰嚢湿疹の原因は湿邪と熱邪にあるとされ、多少難しくなりますがこのふたつが結合すると“湿熱”という病症になります。

 

そしてさらにこれが陰部に流注することによって炎症を引き起こし、かゆみが発症するのです。

 

 
陰嚢湿疹(股間の痒み)は、陰金田虫(いんきんたむし)や疥癬(かいせん)など他の病気による症状の可能性もあるため症状が軽い場合でも医者の診察を受けるようにしましょう。

 

スポンサード リンク


 

タグ :  

身体のかゆみ   コメント:0

この記事に関連する記事一覧