身体の悩み

身体のお悩み改善

冬に生じる皮膚のかゆみが辛い

読了までの目安時間:約 6分

 

 

皮膚のかゆみ

冬の皮膚のかゆみは、寒さが厳しくなるほど皮膚のかゆみがひどくなる傾向があり、何の病変も伴わず単純に皮膚がかゆくなるといった状態の場合は「皮膚掻痒症(ひふそうようしょう)」と呼ばれ、一般的に年配の方や男性に特に多い症状と言われています。

 

これは加齢による皮脂の分泌量の減少や皮膚の乾燥の進行が原因となり、また中高年の男性などは一般に女性に比べて肌に無頓着な傾向がある為、もともと肌荒れもしやすい状態になっていることから、冬場は特に皮膚の乾燥が激しくなるということもあるようです。

 

病気ではなく、ただ皮膚が猛烈にかゆくてたまらなくなるという、いわば「かゆみそのものが主症状」のケースもあるため、身体のかゆみの発生原因はこのように様々な状況があります。

 

 
皮膚のかゆみと言っても、その症状としては肝臓や腎臓など内臓疾患の一症状として起きる深刻な場合もあるので軽く考えていると危険な場合もあります。

 

>>かゆみ止めの軟膏•クリーム一覧【楽天市場】

 

身体の皮膚の「痒み」の原因と対処法

 

まず、単に冬など乾燥すると身体の一部や全身がかゆくなるというのではなく、アレルギー性皮膚炎やアトピー性皮膚炎・アレルギー性じんましんなど、かゆみの発生原因が特定のアレルギー物質によるものである時には、かゆみの治療には皮膚科を受診し、かゆみの原因物質の特定を行うことでかゆみ治療へとつながります。

 

もし、我慢できないような強いかゆみがどうしても治まらない状態の時は、皮膚科で診察を受けると、抗ヒスタミン剤や副腎皮質ホルモン軟膏などを処方してもらえる場合が多いです。また、皮膚科での診察は、かゆみに対する治療方法もその原因によって変わってくることから、通常はまず皮膚の状態を観察し、まずはかゆみの原因を探ることから始められることが多いようです。

 

 
身体の皮膚のかゆみの原因が何であるかで、そのかゆみの対処法、治療法も変わってきます。

 

>>かゆみ止めの軟膏•クリーム一覧【楽天市場】

 

皮膚病による「痒み」もあります

 

かゆみを伴う皮膚疾患は非常に多く知られています。かゆみを伴う皮膚病には、体の一部、あるいは身体全体に、突然強いかゆみを伴う紅斑や盛り上がった膨疹がたくさんでる症状の「蕁麻疹」や、虫に刺されたことが原因となるかゆみで膨疹や赤い丘疹ができる「虫刺症」があります。

 

また、その他にも、手足や全身に強いかゆみを伴うことがある硬い丘疹や結節が現れる症状である「痒疹」や皮膚に発疹や湿疹が全くないにも関わらず皮膚のかゆみが生じる「皮膚そう痒症」、また皮膚が盛り上がったりはっきりした紅斑が体の様々な部位にでき、表面には厚い銀白色のふけのような鱗屑が円形または楕円形でできる「乾癬」、発熱や倦怠感などを伴い、特に手のひらや足の裏といった手足に水膨れのような紅斑が多数できる「多形滲出性紅斑」など様々なものがあります。

 

皮膚病によるかゆみで湿疹・皮膚炎によるものとしては、アトピー性皮膚炎、脂漏性皮膚炎、接触皮膚炎、手湿疹などによるかゆみの原因があります。

 

アトピー性皮膚炎とは、比較的かゆみが激しい慢性の皮膚炎であり、ある特定部位に積極的にぶり返し起こる症状です。そして、脂漏性皮膚炎とは、頭部やわきの下、顔などの皮脂の分泌が比較的多い部位に生じることが多く、頭部のかゆみやふけが増えるようになります。しかし、この脂漏性皮膚炎の場合は顔にかゆみが出ないことが特徴的な症状となっています。

 

また、接触皮膚炎という症状は何らかの物質が原因であり、その原因物質が肌に接触することで、それが刺激となり、アレルギー反応が現れて皮膚のかゆみや湿疹を生じます。

 

最後に手湿疹ですが、これは料理などの水仕事を頻繁に行っている主婦や美容師などの人にできる手荒れの一つであり、その症状は指先や指の腹、手のひらが赤みをおび、乾燥した皮膚の角質がはがれ落ちるという症状の病気です。

 

スポンサード リンク


 

タグ :  

身体のかゆみ   コメント:0

この記事に関連する記事一覧