乳酸菌 製剤

身体のお悩み改善

乳酸菌製剤って何?

読了までの目安時間:約 3分

 

 

乳酸菌製剤

乳酸菌製剤とは、主成分が生きた乳酸菌である内服製剤のことを指します。乳酸菌製剤は主に整腸剤として使われます。

 

乳酸菌には、腸内異常発酵を抑える作用がありますから、整腸には最適なのです。

 

最近市販されているのは、皆さまもよくご存知のビヒダス菌です。ビヒダス菌の正式名称はラクトバチルス・ビビダス(L.bifidus)と言います。

 


1週間ほどで実感!毎朝スッキリ楽々!
ニューヨーク最高賞受賞の『生きた乳酸菌』

 

 
これまで乳酸菌製剤に使われていた乳酸菌は、ラクトバチルス・アシドフィルス(Lactobacillus acidophilus)やストレプトコックス・フェカリス(Sreptococcus faecalis)などでした。

 

この乳酸菌は嫌気性菌なのですが、母乳を与えられている乳児の腸内から大量に発見されていることが分かり、乳児を健やかに育てる効果から生菌のまま製造化されたものが市販されるようになったというわけです。

 

また、酪酸菌や有芽胞菌も乳酸菌製剤の主成分として開発されていますし、最近では、抗生物質にも耐性のある乳酸菌を使用した乳酸菌製剤も販売されています。

 

腸関連の不調で病院で診察を受ける際にも、乳酸菌製剤を処方されることはよくあります。その場合、ラックビーのような、耐性乳酸菌製剤、つまり化学療法剤や抗生物質に対しても耐性を持ち、整腸効果のあるものです。

 

市販の乳酸菌飲料では今ひとつ腸内環境が改善されていない、と感じている方は、一度病院で検査を受けてみた方が良いかもしれません。

 

なにか疾患が見つかるかも知れませんし、特に発症していなくても腸内の環境が悪化している場合、医師に有効な乳酸菌製剤を処方して貰えますから、市販の乳酸菌飲料よりも強い効果を享受できるでしょう。

 

スポンサード リンク


 

タグ :   

乳酸菌   コメント:0

この記事に関連する記事一覧