乳酸菌 生産物質

身体のお悩み改善

乳酸菌=乳酸菌生産物質ではない?

読了までの目安時間:約 3分

 

 

乳酸菌生産物質

乳酸菌生産物質とは、善玉菌と呼ばれる乳酸菌やビフィズス菌によってつくり出されるものです。ちょっとややこしいのですが、乳酸菌=乳酸菌生産物質ではないということなんです。

 

人間の腸の中には膨大な数の腸内細菌が生息しています。およそ100種類以上もの腸内細菌が、人間の腸の中にうごめいているのです。そしてその1つ1つの菌は、腸内で活動しながら、各種物質を産出しているのです。その生成された物質の人間にプラスの影響を与えるものと言い換えても良いかも知れません。

 

ちなみに、乳酸菌生産物質とは、乳酸菌が腸内で活動し、発酵するプロセスの中で代謝した際に出た物質の総称で、要は代謝物ですから、生きている乳酸菌とは異なります。

 


1週間ほどで実感!毎朝スッキリ楽々!
ニューヨーク最高賞受賞の『生きた乳酸菌』

 

乳酸菌が生産される作用機序とは?

 

 
乳酸菌生産物質が生まれるまでの工程を追っていきましょう。まず、乳酸菌生産物質を入手するには、乳酸菌を培養するところから始めます。

 

 

複数種類の乳酸菌を培養することを共棲培養と呼びますが、1種類ずつ分離して培養する純粋培養より、こちらの培養方法の方が、それぞれの菌が競い合うことで、良質の強い代謝物質・・・つまり乳酸菌生産物質を産出することができます。

 

次の工程は発酵です。微調整された温度管理の下、長時間の発酵を行いますが、この過程で、乳酸菌生産物質が飽和します。やがて、発酵が終わると発酵原液と呼ばれるエキスに仕上がります。

 

この発酵原液を可溶性成分と不可溶性成分とに分離させ、抽出した乳酸菌生産物質を、特性ごとに商品化に向けて加工します。

 

スポンサード リンク


 

タグ :  

乳酸菌   コメント:0

この記事に関連する記事一覧