アレルギーの遺伝と体質

身体のお悩み改善

身体のアレルギーがつらい!遺伝とか体質が問題なの?

読了までの目安時間:約 3分

 

 

アレルギー

アレルギーとは、特定の抗原に対する免疫反応が過剰に起こる病気です。日本人の三大アレルギーとは「花粉症・アトピー性皮膚炎・気管支喘息」だといわれます。日本人の過半数以上がなんらかのアレルギー症状を持つというデータもあるほど日本ではアレルギーで悩む人が多くいます。東京都内では8割以上の家庭でアレルギー体質の人がいるとも言われています。

 

私たちの体は、異物と判断できるものが体内に入ると抗体を作って排除しようとします。これは「抗原抗体反応」や「免疫反応」といわれる反応で、もともと体に必要な生理機能です。アレルギーとはこの反応が過剰に起こる状態をいいます。つまり、アレルギーとは過剰に異常な症状や反応を示してしまう特別な体質なのです。

 

アレルギーの症状や機構によっておもにI?IV型の4種類にわけられます。一般的にいうアレルギーとは多くの場合I 型の反応を指します。I 型アレルギーとは即時型で、15分〜12時間ほどの短時間で反応が出ます。近年クローズアップされている食物アレルギーとは、このI 型アレルギーにあたる反応です。また、バセドウ病や重症筋無力症など一部の病気をV型と表現する場合もあります。

 

昔は、アレルギーはおもに「遺伝」による体質だと考えられてきました。しかし患者が急増するなかで、「アレルギーとは遺伝による症状だ」と一言では説明できない状況です。最近では、生活習慣や環境の変化によって、日本人の体質が変化していることが注目されています。食生活、ストレス、公害など多岐にわたって研究されていますが、明確な原因はまだ解明されていません

 

アレルギーとは、食物、金属、ぜんそく、鼻炎など多くの種類がある病気です。食物アレルギーだけをとっても卵、小麦、牛乳などさまざまです。

 

 
アレルギーは自分で気づかない人も多く、花粉症をはじめとして患者は増える一方です。「アレルギーとは治らない症状だ」と思われがちですが、適切な治療でほぼ完治させたり症状をおさえたりすることができます。アレルギー科を設置している病院で専門医の診察を受けることをおすすめします。

 

スポンサード リンク


 

タグ :    

アレルギー   コメント:0

この記事に関連する記事一覧