身体の悩み

身体のお悩み改善

そばアレルギーの危険性とは?

読了までの目安時間:約 3分

 

 

そばアレルギー

食物アレルギーのなかでも日本人に多くみられる食物のひとつが、そばアレルギーです。そばアレルギーは「アナフィラクシーショック」と呼ばれる重篤なショック症状を引き起こす危険性をもつアレルギー症状です。

 

食べ物の好き嫌いだけでなく生死にかかわる病気といえるそばアレルギーには、本人だけでなく周囲の人にも正しい知識を持つことが求められます。

 

そばアレルギーの症状は多岐にわたります。皮膚への反応としては、全身にじんましんが出たり口の周りの赤く腫れあがったりします。のどのイガイガ感やぜんそく、咳き込みのような呼吸器の症状、下痢や嘔吐といった消火器の症状もそばアレルギーにはよく見られます。

 

また、そばアレルギーでは全身が紫色に水ぶくれしたり呼吸困難になって窒息することもあるので注意が必要です。

 

 
実は、そばアレルギーにはまだ有効な治療方法が確立されていません。そばアレルギーの対策としては基本的にそばを食べないようにすれば大丈夫ですが、そばではないと思って食べたものにそばが含まれてこともあるので注意しましょう。

 

アナフィラキシーショックを起こしうるそばアレルギーの場合はこういった事態にとくに注意する必要があります。

 

たとえば、うどん屋でうどんを食べたところそばと一緒にゆでていてそばが混入したためにアレルギー症状が出ることがあります。そばアレルギーの症状が重い人だとそば屋の前を通るだけでも症状が出る場合もあるので、周囲の人は各人のアレルギー体質がどれだけ敏感かということも知っておきましょう。

 

このように、そばアレルギーは重篤な症状を起こしうるため、そばには食品表示義務があります。食品を買う際には、そばが使われているとは一見思えない食品であっても念のため表示を調べるようにしましょう。

 

また、そばアレルギーの人は、ショック症状が起きたときに対処する薬として「エピペン」といわれる注射を持つことも万が一の対策として有効です。

 

そばアレルギーに悩む子どもたちのためのレシピ集も出版されているので、上手にそばアレルギーと付き合っていく前向きな姿勢が大切です。

 

スポンサード リンク


 

タグ :    

アレルギー   コメント:0

この記事に関連する記事一覧