身体の悩み

身体のお悩み改善

抗アレルギー剤の薬ってどんなものなの?

読了までの目安時間:約 3分

 

 

ジルテック

現代病の代表であるアレルギーは、さまざまな症や原因によって種類も異なり、アレルギーの完治が難しいともいわれます。抗アレルギーの効果がある薬をうまく選ぶことでアレルギーと上手に付き合いながら治療していくことが大切です。

 

現在はさまざまな抗アレルギー薬が開発されており、子どもや妊婦さんでも服用できる薬もあるので医療機関で相談してみましょう。

 

抗アレルギーの薬とは、湿疹、皮膚や目のかゆみ、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどに代表されるようなアレルギー症状を起こす物質が放出されるのを抑え、働きを阻害してくれる薬です。

 

代表的な抗アレルギー効果として抑えられる物質は、セロトニンやヒスタミンやセロトニンなどを指します。また、商品としてはザジテン、アレグラ、ジルテックなどが有名です。

 

抗アレルギーの薬は多くの場合で予防薬として用いられ、ある程度の期間じゅう服用を続けないと抗アレルギーの効果があるかどうかの判断はできません。

 

 
抗アレルギーの薬はすでに発症している症状にたいして短期間で効果を出してしてくれる薬ではありません。多くの薬は抗アレルギーの効果を測定するためにおよそ2週間の服用を続ける必要があります。

 

抗アレルギー効果のある薬の特徴は、一般的に副作用が少ないためアレルギー予防のために長期間にわたって服用を続けられるという利点です。そのため、症状によっては、抗アレルギー用の薬とその他のお薬を併用して治療するケースもあります。

 

また、抗アレルギーの薬でみられる副作用には、一般的な副作用としては、発疹などの過敏症、膀胱炎様症状、肝機能障害、眠気などの中枢神経抑制症状などが報告されています。

 

一般的に副作用の心配は少ない抗アレルギーの薬ですが、注意したいのは抗ヒスタミン作用を有する薬剤です。抗アレルギー効果のある薬のなかでも全身の倦怠感や眠気といった中枢神経抑制作用があらわれる可能性が強いことで知られています。

 

抗アレルギーの治療においてこの系統の薬を服用するケースでは、危険をともなうような機械の操作や車の運転はひかえるようにしましょう。

 

スポンサード リンク


 

タグ :    

アレルギー   コメント:0

この記事に関連する記事一覧