乳酸菌 腸

身体のお悩み改善

乳酸菌は腸でどんな働きをするの?

読了までの目安時間:約 3分

 

 

乳酸菌 腸

乳酸菌は腸で、悪玉菌の増殖を抑制するという大切な働きをします。悪玉菌が増殖すると、腸内で有害物質や有毒ガスを発生させ、腸の奥から腐敗が進みます。人間の腸内には、100兆個数百種類の腸内細菌が生息しています。

 

その腸内細菌叢には、ウェルシュ菌や大腸菌などの悪玉菌、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌、そして悪玉菌でも善玉菌でもない、ちょうど中間に位置する日和見菌がバランス良く存在している状態が理想的です。

 

 
悪玉菌の増殖は腸内環境を悪化させますが、壊滅してしまってもまた、腸の中のバランスが崩れてしまうのです。ただ、腸の中で猛威を振るう悪玉菌は、積極的に乳酸菌などを腸に取り込んで対策を練らない限り、壊滅するなんてことはあり得ません。むしろ増殖する一方です。善玉菌は放っておいても増えませんが、悪玉菌は放置によって増殖してしまいます。

 


1週間ほどで実感!毎朝スッキリ楽々!
ニューヨーク最高賞受賞の『生きた乳酸菌』

 

乳酸菌を生きたまま腸に到達させることが大事

 

乳酸菌が腸に生きたまま到達すると、腸の中で有機酸を大量に作り出します。この有機酸で悪玉菌の増殖が抑制され、腸内細菌叢のバランスを整えてくれます。

 

乳酸菌を生きたまま腸に到達させるには、そのような目的で開発された乳酸菌製品でないといけません。例えば乳酸菌飲料にしても、すべてのドリンクに含まれる乳酸菌が生きたまま腸に達するとは限りません

 

ご購入の際は、そうした表記に注意してみて下さい。例えば森永乳業のLG21シリーズは、乳酸菌を腸に生きたまま運ぶ力のある乳酸菌飲料、ヨーグルトです。

 

スポンサード リンク


 

タグ :  

乳酸菌   コメント:0

この記事に関連する記事一覧