身体の悩み

身体のお悩み改善

ビタミンCはかゆみに効く唯一のビタミンって本当?

読了までの目安時間:約 3分

 

 

かゆみとビタミン

かゆみに効くビタミンはビタミンCです。ビタミンcはヒスタミンの生成を抑制する効果を発揮するのでかゆい症状や炎症を緩和したい時は意識してたっぷり摂り入れましょう。

 

人間が持つ感覚の中でもかゆみ程ストレスになるものはありません

 

例えばアトピー性皮膚炎も完治が難しく、日常的なかゆみに耐えなくてはならないアレルギー疾患で、患者さんの心身のストレスは相当なものです。

 

特にまだ小さいお子さまはあまりにもかゆくて夜も眠れず、睡眠障害に陥ってしまったり外見を気にして引きこもりがちになったり、日々ストレスと戦っている状態です。

 

 
ビタミンCはちょっとしたストレスですぐに消費されてしまう為、サプリメントなどでしっかり補う必要があります。

 

お昼ご飯に何を食べようか迷っただけで体内ではストレスを感じ、ビタミンcを消耗してしまうそうですから、いかにデリケートな栄養素かお分かり頂けるのではないでしょうか。

 

湿疹、蕁麻疹、ひっかき傷、虫刺され…原因が何にしてもかゆい症状が現れている場合、ストレス対策にビタミンCを補充しましょう。

 

サプリメントも便利ですが、野菜や果物などビタミンcも含め、ビタミン&ミネラルをたっぷり摂取できる食べ物も積極的に食べましょう。

 

ただし同じビタミンCでもソラレンを含むレモンやオレンジ、ライムやグレープフルーツは、普段よりも紫外線の刺激を受けやすくなるので日中の摂取は避けた方が無難です。

 

つまり、日中にビタミン類を摂る事は、かゆみが悪化する恐れもありますし、シミもできやすくなるようです。

 

スポンサード リンク


 

タグ :  

身体のかゆみ   コメント:0

この記事に関連する記事一覧