身体の悩み

身体のお悩み改善

足首のかゆみは糖尿病の可能性があるので要注意!?

読了までの目安時間:約 2分

 

 

足首のかゆみ

かゆみが足首に出た場合、糖尿病の初期症状かも知れないので注意が必要です。

 

糖尿病は一旦発症すると完治することなく一生お付き合いしなければならない生活習慣病ですから、とにかく予防対策が重要ですし発症の兆しを敏感にキャッチすることが大切です。

 

現在日本国内には1800万人もの糖尿病予備軍がいると報告されていますが、初期症状がハッキリ出ることはあまりないので明らかな自覚症状が現れる時期には相当進行している恐れがあります。

 

足首のかゆみが出ている上、足の痺れや違和感、ほてったり冷えたりする不調、こむら返りなど糖尿病性神経障害を要因とする病変は色々ありますから、普段と違う症状に気づいたら医療機関で診て貰う必要があります

 

 
足にあちこちにタコができる症状や巻爪、足の皮膚の乾燥やひび割れ、爪把厚と呼ばれる爪水虫のような症状も、糖尿病患者さんに多い症状なので注意しましょう。

糖尿病検査は、普段の血糖値と朝、空腹状態の血糖値、そしてブドウ糖を飲んだ後の血糖値を測定し、3種類のシュチュエーションで測定した血糖値のうちどれかに異常値が出たら、違う日に再検査となります。

 

日を改め測定検査を行い、再度異常値が出た場合糖尿病の診断が下されます。糖尿病でも軽度で合併症もない場合、薬は処方されず定期的に検査を受けて血糖値をチェックし、普段の生活を改善する指導が行われます。

 

治療が必要な場合も合併症の有無や種類、肥満の有無などで治療方法が異なるようです。

 

スポンサード リンク


 

タグ : 

身体のかゆみ   コメント:0

この記事に関連する記事一覧