身体の悩み

身体のお悩み改善

身体のかゆみで不眠症になる前に原因を見つけて治療しよう!

読了までの目安時間:約 3分

 

 

かゆみ不眠

かゆみは不眠の原因になります。深刻なかゆみ症状に襲われるアトピー性皮膚炎が睡眠障害を併発しやすいことは、よく知られていますよね。

 

ハードなダイエットによる栄養不足から肌が乾燥しやすくなり、皮膚がかゆくなって眠れないことも。

 

皮膚が極端に敏感な体質の方が、寝間着やシーツ、布団と肌が接触してかゆくなり、安眠できないケースも報告されています。

 

突然洗剤アレルギーを発症し、特定の洗剤で洗った衣類を身に着けると身体がかゆくなる患者さんも増えているそうです。

 

その他病気や薬剤の副作用で皮膚にかゆみが生じて眠れない可能性もあります。

 

いずれにしても質、量共に満足できる睡眠生活を確保する為にはなぜかゆくなるのか原因をはっきりさせなければなりません。

 

確実な治療法がない状態のアトピー性皮膚炎のような厄介な病気の場合も、やはり病状そのものを抑えるのが先決です。

 

洗剤アレルギー体質なら刺激の少ない洗剤に切り替える対策が有効ですし、敏感肌の方はシルクやオーガニックコットンなど肌に身に着ける素材選びから着手しなければなりません。

 

もちろん、かゆみの原因が分からない場合やすぐに改善できそうにない場合、医療機関で睡眠薬や睡眠導入剤を処方して貰う必要があります。

 

人間は眠れない状態が続くと疲労が翌日に持ち越されて心身が激しく消耗します。

 

薬に頼るのに抵抗感を覚える方もいらっしゃるようですが、不眠症からうつ状態を併発する確率も高く、お酒で誤魔化すうちにアルコール依存症を発症するケースも珍しくありません。

 

 
身体のかゆみを楽観的に自己判断することは禁物で、一度医療機関で診て貰うのが一番です。

スポンサード リンク


 

タグ : 

身体のかゆみ   コメント:0

この記事に関連する記事一覧