身体の悩み

身体のお悩み改善

花粉症とかでよく聞くけど、身体のかゆみに効くツボなんてあるの?

読了までの目安時間:約 3分

 

 

かゆみに効くツボ

実は、かゆみはツボで緩和することができるようです。かゆみが生じる原因よって適切な対処法は違いますが、とにかく指でひっかいて症状を悪化させてしまう最悪の事態を防ぐ為にも、ツボを刺激して応急処置する対策は有効です。

 

強烈なかゆみを精神力だけで耐えるのは至難の業ですから、「かゆい」と感じたらかき壊したい衝動をぐっと堪え、かゆみに効くツボを刺激しましょう。

 

かゆみに効くツボにもいくつかありますが、外出中衣類を着ていても押しやすいのが手首の親指側にある列欠(レッケツ)です。

 

 
親指側の骨が出っ張っているところから、約3㎝の位置にあるくぼみ部分を、多少痛みを感じる程度の力で押してみて下さい。

 

ツボを刺激することで気の流れも滑らかになり、次第にハードなかゆみもソフトなものに変わる筈です。

 

列欠はかゆみの他、物忘れにも効くそうなので、普段から忘れ物が多い方、もの覚えの悪さを自覚している方にもぴったりではないでしょうか。

 

また、親指と人差し指の骨の間にある合谷(ゴウコク)も、かゆみを緩和する効果で知られています。

 

ただし軽く押しただけでも結構強い痛みを感じやすいツボでもありますから、痛みに弱い方は最初弱い力で押すことから始めてみて下さい。

 

どちらのツボもいきなり強く圧迫するのではなく、時間をかけて圧力を加え、ゆっくり指を離す動作を5回程度繰り返しましょう。

 

集中し、動作を丁寧に行うことでかゆみから意識がそがれる効果も期待することができます。

 

こういったツボを覚えておくと、授業中や仕事中ですぐにクリームや薬を塗ることができない時もかかずに乗り切ることができます。

 

またかゆみに効果的なつぼはこちらの動画も参考になります。

 

 

スポンサード リンク


 

タグ :  

身体のかゆみ   コメント:0

この記事に関連する記事一覧