身体の悩み

身体のお悩み改善

アレルギー性と非アレルギー性のじんましんのかゆみの違いとは?

読了までの目安時間:約 3分

 

 

じんましんのかゆみ

突然体のかゆみに悩まされる事がありますが、じんましんが原因となっている場合もあります。

 

じんましんの特徴として、発疹が出ている間は非常に強いかゆみを伴いますが、治ってしまうと完全にかゆみが無くなり、跡もほとんどの場合残りません

 

じんましんにも、いろいろな種類がありますが、大きく分けると二つに分けられます。

 

アレルギー性のじんましんと、非アレルギー性のじんましんです。

 

アレルギー性のじんましんのケース

 

アレルギー性の場合は、食べ物が原因で発生することが多いと言われています。

 

卵や小麦、蕎麦等が原因となって、体中にかゆみが発生する場合があります。

 

あらかじめ自分の体質を知っておくならば、そのような食品を避けることで、予防することができます。

 

その他にも、薬が原因となる場合があります。薬が原因だと感じた際は、薬を処方してもらった病院にすぐに相談しましょう。

 

処方薬の場合、自分の判断で薬を中止するかどうかを決定するのではなく、医師に判断を下してもらうことが大切です。

 

アレルギー性のじんましんのケース

 

非アレルギー性の場合は、摩擦によってじんましんが発生する場合があります。

 

やはりかゆみを伴うことが多いので、辛い思いをすることになります。

 

下着のサイズがしっかりと合っていないと、摩擦が生じてしまいますので、女性の場合は特に気をつけていく必要があります。

 

さらに、マッサージ機などを使用する際にも、強い刺激を肌に与えることになるので、適度な使用時間にしておきましょう。

 

スポンサード リンク


 

タグ :  

身体のかゆみ   コメント:0

この記事に関連する記事一覧