身体の悩み

身体のお悩み改善

乳液の保湿力で身体のかゆみを緩和する簡単な方法

読了までの目安時間:約 3分

 

 

かゆみ 乳液

かゆみは乳液で軽くすることができます

 

同じかゆみでも虫刺され、湿疹などが原因で肌がかゆい時、専用のケア製品でお手入れするしかありませんが、乾燥によるかゆみなら保湿対策で緩和することができます。

 

美白や引き締め効果などプラスアルファの美容効果を兼ね備えているものより、保湿に特化したオーソドックスな乳液がぴったりです。

 

最近はあえてシンプルなお手入れで皮膚が本来持つバリア機能を鍛える美容法にトライする女性が増えていますよね。

 

けれど既にかゆみを感じている場合、肌がレスキューサインを出している確率が高いので冒険的なお手入れ方法ではなくスキンケアの基本に立ち戻ることが大切です。

 

乳液の役割はバリア機能、保湿機能のアシストです。洗顔後、いくら化粧水をたっぷり塗っても乳液で皮脂膜をサポートしないとせっかく塗布した潤い成分も蒸発してしまいます。

 

 
いきなり濃度の濃いクリームやオイルで蓋をするよりも、クッション的役割を果たす乳液を挟むことで皮膚の調子はグンと良くなります。

 

元々、油分の多いクリームやオイルは肌全体に塗るよりも必要な部分にだけ軽く伸ばした方が皮膚呼吸を妨げません。

 

また、乾燥肌も重症化すると普通の乳液ではかゆみを鎮めるのが難しくなります

 

クロタミトンなどのかゆみ成分を配合した乾燥肌用の乳液、メンソレータムAD乳液など、機能性をアップしたタイプを使いましょう。

 

乳液状のムヒソフトGXオイラックス潤乳液、ケラチナミンコーワ乳液状もオススメです。

 

スポンサード リンク


 

タグ :   

身体のかゆみ   コメント:0

この記事に関連する記事一覧