身体の悩み

身体のお悩み改善

吐き気とかゆみが同時に生じるのは何かの病気なの?

読了までの目安時間:約 3分

 

 

かゆみ 吐き気

かゆみと吐き気を同時に感じるようなら、慢性腎不全が疑われます。

 

皮膚がかゆくなる疾患は皮膚の病気以外にもたくさんありますが、発疹を伴わない全身性のかゆみに吐き気が伴う場合、慢性腎不全を発症している確率が高いでしょう。

 

かゆみと吐き気以外の症状は、集中力低下、痙攣などです。

 

慢性腎不全は数ヶ月から数年と長い年をかけて徐々に進行する腎臓の病気で、病状が悪化するにつれて腎臓機能が低下し諸々の不快症状に見舞われるようになります。

 

糖尿病性腎症、腎硬化症、慢性糸球体腎炎等など、あらゆる腎臓病が原因で発症します。

 

高クレアチニン血症、高窒素血症、糸球体濾過値の低下などが診断のきっかけになりますが、この病気を治療する為には慢性腎不全を引き起こした大元の原因である病気を治さなければなりません。

 

普段の生活でも減塩、タンパク質制限など食事指導が行われますし、減量対策に励まなければなりません。

 

 
喫煙習慣がある場合、禁煙も重要な治療法の1つです。

 

脂質管理、貧血対策、尿毒素対策などの治療法を続けても、腎機能がどんどん低下していっている状況なら、いわゆる透析と呼ばれる血液浄化療法を行わなければなりません。

 

ただし、透析治療も皮膚のかゆみを伴う治療方法です。

 

いずれにしても、病状をこれ以上悪化させない為にも、早い段階で異常を察知し早期発見、早期治療に努めることが大切です。

 

かゆみや吐き気を感じてすぐに生命が脅かされるようなことはありませんが、身体から発せられる深刻なレスキューサインであることは間違いありません。

 

スポンサード リンク


 

タグ : 

身体のかゆみ   コメント:0

この記事に関連する記事一覧