身体の悩み

身体のお悩み改善

かゆみ止めを塗ったら思わぬ副作用が!?ルナベルの意外な副作用とは?

読了までの目安時間:約 3分

 

 

ルナベル かゆみ

かゆみがルナベル配合剤の副作用として出てしまったら、ただちに使用を中止しましょう。

 

日本新薬や富士製薬工業が開発したノルエチステロンなどのルナベル配合剤は、子宮内膜症に伴う月経困難など諸々の婦人科分野の症状を緩和する為のお薬です。

 

薬を服用することで子宮内膜組織の増殖が抑えられる為、不妊症や乳房疾患の一部の治療にも使われています

 

簡単に言えば微量の女性ホルモンが含まれている為、定期的に摂取することで服用前よりも女性ホルモンの体内分泌量がなだらかになります。

 

 
排卵もセーブされることで子宮や卵巣に休息を与える効果が期待できます。

 

その結果生理も軽くなりますし、病巣の活動が活性化している子宮内膜症の病状も進行が緩やかになります。

 

病気自体を治す薬剤ではありませんが、うまく働くことで辛い症状を和らげるのに一定の効果を発揮することが分かっています。

 

ただし、副作用が強く現れることで知られている低用量ピルの一種ですから、妊娠中は服用できませんし、血栓症などの持病をお持ちの方にも勧められない治療薬です。

 

ピル自体、血栓ができやすい体質になってしまう副作用があるので、処方するかどうかは慎重に決断する必要があります。

 

35歳以上のヘビースモーカーの女性もルナベルによる治療は制限されますし、飲み方も厳しく管理されるのでズボラな性格の方にも不向きです。

 

不正出血や吐き気、頭痛や乳房の痛みを服用開始後2~3ヶ月の間一時的に感じる確率が高いものの、軽度の副作用ならそう心配ありません。

 

ただし、かゆみや蕁麻疹、強いむくみなどの異変が出た場合、即刻服用を中止し医師に診て貰う必要があります。

 

スポンサード リンク


 

タグ :  

身体のかゆみ   コメント:0

この記事に関連する記事一覧