身体の悩み

身体のお悩み改善

水虫やカンジタのかゆみにはルリコン軟膏やルリコンクリームが効果的?

読了までの目安時間:約 3分

 

 

かゆみ ルリコン

かゆみがルリコンの使用で逆にひどくなる場合、すぐに使うのをストップする必要があります。

 

水虫やカンジタと診断され、皮膚科でかゆみ止めのルリコン薬剤を処方されることが良くあります。

 

塗り薬のルリコナゾールなどルリコン軟膏、ルリコンクリームには真菌を殺菌する作用に優れ、カビ関連の皮膚疾患の治療に用いられるメジャーな薬です。

 

水虫やカンジタはかゆみなど不快な症状を伴いますから、少しでも早く治癒させ快適な状態に戻す為にも、一定期間ルリコンなどの治療薬でケアし続ける必要があります。

 

角質層が厚い足の裏などが患部だと、半年以上塗り続けてようやく治ることもありますが、根気良く適量を塗布し続けるしかありません。

 

ただし、かゆみがルリコンを塗布してから強く出るようだと、合わない証拠です。

 

真菌殺菌力がある塗り薬は、クロトリマゾールやケトコナゾールなど他にも色々ありますから、医師に相談し他の薬剤を処方して貰いましょう。

 

また、軟膏を使えない方用の飲み薬、イトラコナゾールや塩酸テルビナフィンなどの薬剤もあります。

 

 
薬剤も肝機能に負担をかけるなどの副作用が指摘されていますが、いずれにしても治療薬は複数ありますから合うもので治療していくことが大切です。

 

東洋医学的アプローチでは、水虫なら玉弊風散や胃冷湯などの漢方薬、華陀膏などの軟膏が処方されます。

 

カンジダの場合、当帰芍薬散や加美逍遥散などの漢方薬で治療するケースが目立ちます。

 

スポンサード リンク


 

タグ :    

身体のかゆみ   コメント:0

この記事に関連する記事一覧