しもやけ かゆみ

身体のお悩み改善

しもやけで手足がかゆくなる確率が高くなる外気の気温差と対処法とは?

読了までの目安時間:約 3分

 

 

しもやけのかゆみ

かゆみはしもやけに伴う不快症状です。あまりにも寒さが厳しく、血の巡りが悪くなると炎症を引き起こしてしまいますが、それが手足を狙われやすいしもやけです。

 

露出した耳や鼻が真っ赤になりしもやけになることもありますが、遺伝や体質でしもやけになりやすさが変わってくるとも言われています。

 

ただ、体質や遺伝に関わらず、気温と皮膚表面の温度差が激しい状況ならしもやけになりやすく、昼と夜の気温差にも注意が必要です。

 

具体的には、5℃前後の気温で昼夜の気温差が激しく開くシーズンに、しもやけで手足がかゆくなる確率が高くなります。

 

冷える時期には血行を促進する為に、マッサージで手足を揉みほぐす対策も有効ですし、外に出る時は手足や耳などカバーできるところはカバーして露出しないようにします。マスクも鼻のカバーに最適です。

 

また、濡れた状態のまま冷やしてしまうと余計しもやけになりやすい為、水仕事の後はこまめに水気を拭き取り保湿クリームなどでケアすることも大切です。

 

食生活でも、血の巡りを良くするビタミンEを豊富に含む食材を積極的に摂取しましょう。

 

 
アーモンドや大豆、落花生などの豆製品、サラダオイルやマヨネーズなどの植物性オイルもオススメです。

 

また、防寒対策の為に靴下を重ね履きしている方も少なくありませんが、足を締めつけ過ぎると血行不良の原因になるのでサイズにも要注意です。

 

冷えている状態で靴下を履いても冷えの解消にはあまり繋がりませんので、足湯やマッサージで足の先まで十分に温めてから靴下を履く習慣をつけてみて下さい。

 

スポンサード リンク


 

タグ :     

身体のかゆみ   コメント:0

この記事に関連する記事一覧