身体の悩み

身体のお悩み改善

子どもの痒みは大人よりも苦痛?親が子供にすべき対応法とは?

読了までの目安時間:約 3分

 

 

かゆみ 子ども

かゆみは子どもにとって、耐えがたい苦痛です。

 

大人だって蚊に刺された時、たとえ範囲は狭くても掻きむしるのを我慢するのは簡単なことではありません。

 

「掻けばもっとひどくなる」、「跡に残ってしまったら大変」と理性的に考え、なんとかかゆみに耐えている状況です。

 

もちろん思う存分掻き壊し、身体のあちこちに虫刺されの跡を残している方もいらっしゃいます。

 

いずれにしても、まだ小さいお子さまは大人のように理屈で掻きたい気持ちを抑えるのが得意ではありません

 

虫刺されぐらいならムヒなどのかゆみ止めを塗り、掻かないよう絆創膏を貼っておけば掻きむしり対策にはなります。

 

ただ、問題はかゆみが全身に及ぶアトピー性皮膚炎などの皮膚疾患です。

 

身体中かゆくて眠れない子どもに付き添い、かゆみが出ない夜でも心配になって寝付けず不眠症など睡眠障害を引き起こしてしまう親御さんも少なくありません。

 

お互い疲れてヘトヘトになってしまうケースも珍しくありませんが、精神的にお子さまをリラックスさせる為にも母親、父親の過剰な心配は禁物です。

 

 
大人の不安は子どもにもダイレクトに伝わりますので注意しましょう。

 

疲れた顔を見せずイライラする気持ちを抑え、居心地の良い環境でお子さまが眠れるよう意識してゆったりした雰囲気を作りましょう。

 

ため息をついて「今日も眠れなかったね」と言うのではなく、「少しでも眠れて良かったね」と笑顔でにっこり伝え、子どもの精神的なストレスを緩和してあげることが大切です。

 

スポンサード リンク


 

タグ :

身体のかゆみ   コメント:0

この記事に関連する記事一覧