身体の悩み

身体のお悩み改善

更年期障害で起こる皮膚のかゆみの原因と5つの対処法

読了までの目安時間:約 3分

 

 

更年期かゆみ

かゆみも更年期特有の症状の1つです。簡単に言ってしまえば皮膚の老化が原因と言うことになりますが、一気にこういった不調が吹き出してくるので精神的にも参ってしまう中高年女性が大半です。

 

確かに更年期はホットフラッシュと呼ばれる、突然顔が赤くなったり汗を大量にかく症状も有名ですよね。

 

妙にイライラして怒りっぽくなる変化、気持ちがどうしても塞ぎ込んでしまうような変化など、様々な変化に見舞われます。

 

そんな時、皮膚までかゆいとなると、いつも以上に不快に感じるのではないでしょうか。

 

かゆみがあまりにも強烈な場合皮膚疾患を患っている可能性がありますから病院を受診する必要があります。

 

ただ、特に目立った湿疹や赤みもなくただかゆいだけなら一般的な保湿対策で問題ありません。

 

普段過ごす部屋に加湿器を置いたり、保湿効果の高いスキンケアアイテムでお手入れしましょう。

 

 
女性の身体は月経が止まり女性ホルモンの分泌量が低下すると、肌が弱くなり潤いも失われがちで乾燥しやすくなります。

 

意識して水分も補給し、コラーゲンドリンクなども大いに活用すれば次第にかゆみも気にならなくなる筈です。

 

医療機関でホルモン補充療法を受けたりプラセンタ療法を受け、こういった更年期の辛い症状が緩和された上に肌も若返った、と喜んでいる患者さんも大勢いらっしゃいます。

 

美容目的なら自由診療扱いになるプラセンタ注射も、更年期障害が認められれば保険適用で受けることができるので話題の美容法にトライする良いチャンスかも知れません。

 

スポンサード リンク


 

タグ :    

身体のかゆみ   コメント:0

この記事に関連する記事一覧