身体の悩み

身体のお悩み改善

気付きにくいビキニラインの角栓の簡単なお手入れ方法

読了までの目安時間:約 3分

 

 

ビキニライン 角栓

ビキニラインの角栓が目立つなら、早急に対処しなくてはなりません。

 

強引な自己処理や、自己処理後のお手入れに手を抜いてしまうと、ビキニラインの角栓が詰まり非常に汚い印象を与えてしまう状態に・・・。

 

ビキニラインは常に下着に覆われ、蒸れやすい為、何か手を打たないことには更にひどい状態になる恐れがあるので放置は禁物です。

 

角栓は、毛穴トラブルの1種で、皮脂が活発に分泌するゾーンの毛穴に見られる突起です。

 

皮脂が分泌するのは自然なことですが、毛穴周辺で角質が硬化して詰まり、皮脂が行き場を失ってしまうと不衛生な状態になります。

 

白い角栓もありますが、酸化し次第に黒ずみ、目立つようになります。

 

角栓はやがてニキビに変わり、最悪の場合赤く腫れ膿が出て大変なことになりますが、黒ずんだまま皮膚に色素が残るケースもあります。

 

いずれにしても、早い段階で対処する必要があります。

 

こういった角栓があるとビキニラインのムダ毛処理も一筋縄では行きませんし、コンディションが改善するまではカミソリや毛抜きを使うのは避けましょう

 

角栓用の石鹸で丁寧に洗い、肌触りの良いコットン素材やシルク素材の下着を身につけて元の状態まで回復するのを待つしかありません。

 

その上で黒ずみが残っているようなら、ヴァージンピンクなどデリケートゾーンの黒ずみ対策用のクリームなどで根気良くお手入れを続けましょう。

 

 
くれぐれも、ビキニラインの角栓が気になるからと言って指でしょっちゅういじるようなことはやめて下さい。

 

スポンサード リンク


 

タグ : 

ビキニライン   コメント:0

この記事に関連する記事一覧