身体の悩み

身体のお悩み改善

不快な「おりもの」のかゆみは意外なものが原因に?

読了までの目安時間:約 3分

 

おりもの かゆみ

「おりもの」でかゆみがでる場合というのは、たとえば「カンジダ膣炎」になると、白いポロポロとしたおりものがでて、外陰部のかゆみをともないます。

 

「おりもの」とは、膣や子宮からの分泌物で、通常は無色透明または白色をしています。下着やナプキンにつくと変色することもあります。生理前になるとおりものの量は増え、排卵期には粘り気のあるおりものがでます。

 

「おりもの」でかゆみがでる場合というのは、たとえば「カンジダ膣炎」になると、白いポロポロとしたおりものがでて、外陰部のかゆみをともないます。

 

カンジダ膣炎の治療方法ですが、カンジダというのはカビの一種で、膣内を洗浄した後、膣錠を使用し、軟膏やクリームなどを塗ります。

 

 
通院期間は1〜2週間ですが、再発を繰り返すことが多いようです。

 

「トリコモナス膣炎」は、トリコモナス原虫という寄生虫の感染が原因となって起こります。感染経路は、性行為、入浴時のイス、便器などからうつるケースもあるようです。

 

トリコモナス膣炎の症状は、白いあわ状のおりものや黄色っぽいおりものが増えたり、外陰部のかゆみなどです。

 

治療方法は、内服薬の服用、膣内の洗浄と膣錠の使用、外陰部のかゆみに対しては、軟膏・クリームを塗ります。男性にはほとんど自覚症状がないので、感染に気づけないことがあります。女性に感染が確認された場合は、パートナーにも検査を受けてもらって下さい。

 

「細菌性膣炎」は、魚臭帯下とも呼ばれ、魚のような生臭い不快なニオイのするおりものがでるのが特徴です。細菌性膣炎の治療は、腟内を洗浄し、抗生物質の腟錠を挿入します。

 

外陰部のかゆみに対しては、軟膏を用いて治療します。おりものに異常や変化がみられたときは、泌尿器科や産婦人科を受診されてください。

 

 

タグ :    

身体のかゆみ   コメント:0

妊娠中のかゆみの原因と治療法は?

読了までの目安時間:約 3分

 

妊娠中かゆみ

一般的に妊娠中はおりものの量が増えるため、デリケートゾーンにもかゆみを起こすことが多くなります。

 

そして、この妊娠中のかゆみは次の3つの可能性が考えられます。一つ目は、妊娠性掻痒疹で、妊娠中のかゆみの原因としては、妊娠によって胆汁の流れや働きが悪くなることや、ビタミンB不足などによるものがあります。

 

お腹やおっぱいの周りがかゆいという症状の場合であれば、妊娠の影響でその部分の皮膚が急に伸ばされたことによる負担であることも考えられます。

 

>>かゆみ止めの軟膏•クリーム一覧【楽天市場】

 

妊娠中の皮膚のかゆみは治せるの?

 

妊娠中の皮膚のかゆみ治療には、一般的にステロイド入りの軟膏、ワセリン入りの保湿クリーム、ビタミンB剤や抗ヒスタミン剤などが処方されることが多いようです。

 

 
妊娠中のかゆみ止めの種類は、その成分の配合によって様々ありますので、病院で診察を受けて、主治医に相談して自分の症状に適した治療法や治療薬を使うことが大切だと考えられます。

そして、妊娠中のかゆみの原因として考えられる二つ目の原因は、妊婦がアトピーであることや、軽いかゆみであったのに、その場所をかきむしってしまい、妊娠中のかゆみがひどくなっってしまった湿疹の場合もあります。

 

また、他の妊娠中のかゆみの原因にはカンジダの可能性が考えられます。

 

妊娠性掻痒疹や湿疹であれば、かゆみ止めの軟膏やステロイド剤や抗生剤を塗るとかゆみの症状は治まることが多いです。

 

しかし、もしかゆみ止めの薬を使用しても、かゆみが一向に治らないような場合には、かゆい部分の皮膚を培養して検査することでカンジダによるかゆみなのかどうかが明らかになります。

 

カビの一種であるカンジダの感染は性器部分でなくても身体の各部位にかゆみが出てくる場合もあります。

 

なお、炎症性乳ガンが原因となるかゆみもあるので、一度しっかりと病院で診察を受けることをおすすめします。

 

また性器部分のかゆみがあり、おりものの量が急に増える場合には、膣炎にかかっている可能性もありますので、早急に皮膚科などの専門医に診断してもらうことが重要です。

 

 

タグ :   

身体のかゆみ   コメント:0