ビキニライン 黒ずみ トレチノイン

身体のお悩み改善

ビキニラインの黒ずみにはトレチノインでケアするのが効果的?

読了までの目安時間:約 3分

 

黒ずみ トレチノイン

ビキニラインの黒ずみをトレチノインで美白したいなら、美容皮膚科を受診し専門家の指導のもとで行った方が無難です。

 

トレチノインは、ビタミンA誘導体より100倍高い美肌効果を発揮することで有名な美容成分です。

 

ターンオーバーを促進する作用に優れている為、古い角質をどんどん落とし新しい角質を表面に押し出してくれる働きを期待することができます。

 

黒ずんでしまったビキニラインは、皮膚の奥深いところまでメラニンが堆積している状態です。

 

肌が生まれ変わる速度を早めることで、強力な美白効果をもたらします。

 

ただし、こういった即効性の強い美容成分は時に深刻な副作用も伴う為、扱い方を間違えると逆効果になることも。

 

刺激が強いせいで、お手入れを始めると角質がボロボロと剥がれ一時的に醜い状態になります。

 

ビキニラインは特にデリケートな部位なので、強過ぎる濃度のトレチノインのせいでかぶれや肌荒れ、ただれなどのトラブルが引き起こされる可能性もあります。

 

早く結果を出そうと濃度の高いトレチノインに手を出して、ひどい状態になる失敗例も後を絶ちません。

 

 
安全性も考慮するなら、肌の状態を診て貰った上で適切な濃度のトレチノインを処方して貰うのが一番です。

 

もし個人輸入のオンラインショップで入手する予定なら、0.1%以下のごく弱い濃度のものを注文しましょう。

 

低濃度のトレチノインを長期スパンで使うと、副作用に苦しめられることなくビキニラインの美白を成功しやすいでしょう。

 

 
トレチノイン以外のビキニラインや陰部の黒ずみ対策ならこちらが人気です♪『デリケートゾーンの黒ずみ』ケアのランキング★第1位★
デリケートゾーンの黒ずみ専用ジェル!【イビサクリーム】
 
黒ずみケア専用クリーム 薬用イビサクリーム

 

 

タグ :      

ビキニライン   コメント:0

顔のかゆみはUVカット化粧品などの「化粧かぶれ」が原因?

読了までの目安時間:約 3分

 

顔のかゆみ

顔面がムズムズする…顔のかゆみに「化粧かぶれ」があります。化粧水や乳液などの化粧品を変えた後に、顔が赤くなったり、かゆみがでたりした場合、それは化粧かぶれかもしれません。

 

化粧かぶれは、化粧品の中に含まれるなんらかの成分に対するアレルギー反応です。化粧かぶれの原因と思われる化粧品の使用をやめれば、かゆみは治まると思います。

 

ちなみに、私はUVカット化粧品がダメです…。UVカット化粧品には「SPF値」と「PA値」というのがあって、これは紫外線の防止率を示した数値です。数値が大きいほど、紫外線の防止効果は高くなります

 

つまり「SPF10」より「SPF30」のほうが防止効果があるということですが、数値の高いものを選ぶと肌がかゆくなることもあり肌への個人差がかなりあるようです。

 

 
UVカット化粧品の配合成分に「紫外線吸収剤」がありますが、どうやらこの成分が合わないらしく、配合されている成分をよく確認して購入する必要があります。

 

化粧品って高いですから、アトピー性皮膚炎や敏感肌の人は、サンプルをもらって、二の腕のやわらかいところなどで皮膚テストをしてから購入したほうがよいと思います。

 

化粧かぶれで起こした肌荒れの解消法ですが、しばらくは敏感肌用の化粧品に切り替え、薄化粧で乗り切りましょう。

 

肌が荒れている状態で、その荒れをカバーしようとしてあれこれ試すのはよくないかもしれません。

 

目元のメイクと口紅をしっかり塗っていれば、化粧を手抜きしているとは思われないなどの裏ワザもあるようですね。

 

 

タグ :    

身体のかゆみ   コメント:0

皮膚の湿疹(皮膚炎)によるかゆみの原因と対処法

読了までの目安時間:約 4分

 

湿疹(皮膚炎)のかゆみ

湿疹によるかゆみは、基本的には外的の刺激に対して皮膚が反応することで炎症を起こし、身体の一部や全体に広がったかゆみを生じます。

 

また、この湿疹とは別名として皮膚炎とも呼ばれ、かゆみの症状が出る発疹などを引き起こすような皮膚の病気の総称となっています。

 

そのため、湿疹と皮膚炎というどちらの名称も、あまり区別なく使用されているため、一般的に、かゆみの原因がはっきりしない皮膚の炎症の症状の際に使われていることが多いようです。

 

>>かゆみ止めの軟膏•クリーム一覧【楽天市場】

 

なんで皮膚の湿疹が生じるの?

 

また、丈夫だった皮膚の肌がだんだんと対外の刺激物に対して、自然治癒などの免疫力が弱まっていくことで、湿疹やかゆみ、かぶれが引き起こされることが多いとされています。

 

 
湿疹の患部の皮膚にはかゆみが伴うことが多く、爪などでひっかいたりすると湿疹のかゆみのある患部が悪化する可能性が高いので掻きむしらないように気をつけましょう。

 

傷ついた患部から出た液が、他の部位や他人に触れたからといって湿疹やかゆみが伝染するということはないので心配する必要はありません。

 

この湿疹の症状は、外的刺激よって皮膚が反応し、その結果皮膚が赤くなった状態である赤斑や、小さなブツブツができた状態である丘疹、あるいは、水や膿がたまる小水疱、のう胞などが引き起こされ、その後、身体の免疫系が働き、かさぶたを作りだします。

 

そして、下から新しい皮膚が再生されると、かさぶたが取れ、軽い色素沈着を残して治る場合がほとんどです。しかし、その後も継続して外的要因による刺激が加わった場合、肌は徐々にぶ厚くなり「苔癬化」が起こります。

 

 
治療に使用されるもっとも多い湿疹の治療薬としては、ステロイド薬である副腎皮質ホルモンの外用薬となっていますが、この湿疹の治療薬は長期継続使用によっては副作用を生じることがあるため、使用する際には、皮膚科の専門医による診察と治療法を相談することが大切です。

 

この湿疹の治療には、患部の湿疹の状態によりますが、ガーゼに軟膏をのばして貼ったり、軟膏をそのまま皮膚に直接塗ったりすることで湿疹を治療する場合が多いようです。

 

 

タグ :   

身体のかゆみ   コメント:0