身体の悩み

身体のお悩み改善

かゆみとぶつぶつを伴う肌の症状って湿疹なの?

読了までの目安時間:約 2分

 

かゆみとぶつぶつ

かゆみとぶつぶつを伴う症状が出たら湿疹かも知れません。湿疹は皮膚の一部にできることが多く、かゆみを伴うぶつぶつが赤いのも特徴的です。

 

一旦湿疹が出ると数日から1週間以上は消えませんが、原因は内服薬の副作用、金属、ウルシ、銀杏などの植物、下着や手袋の材料となるゴム類等々

 

最近は界面活性剤を含む洗剤や化学物質が多い化粧品が原因で湿疹が出るケースも増えています。

 

 
かゆくて赤いぶつぶつは、症状が進行すると大きな水泡状になり破れます。

 

水泡ができて破れる症状を繰り返すうちにどんどんかゆみも強くなっていきますし、皮膚も厚くなりますが掻いてしまうと更に状態は悪くなるので一刻も早く適切な治療を受けて症状を落ち着かせる必要があります。

 

接触性皮膚炎の湿疹を調べる為には原因物質をパッチテストで特定しますが、複数物質が原因になっていることもありますし、検査には時間がかかります。湿疹と判断され原因物質を特定できたら軽症の場合保湿剤が処方され、重症の場合は症状に応じて段階別にステロイド外用薬で手当てします。抗ヒスタミン剤、抗アレルギー薬などを内服するよう指示されることもあります。

 

ちなみに、湿疹とよく似た症状を伴う蕁麻疹の場合、原因物質を調べる為にクラッチテストが実施され、診断が確定され次第抗ヒスタミン薬の内服治療、注射治療が行われます

 

同じかゆみ、ぶつぶつを伴う皮膚病でも湿疹と蕁麻疹は症状が引き起こされるメカニズムも対処法も違うので、安易に自己判断せずに病院で診て貰うのが一番です。

 

 

タグ :  

身体のかゆみ   コメント:0