身体の悩み

身体のお悩み改善

リンパ管の詰まりが肌のかゆみを引き起こす!?

読了までの目安時間:約 3分

 

リンパかゆみ

かゆみはリンパと深く関係しています。同じかゆみでもアトピー性皮膚炎のようなアレルギーが原因になっているものと肌質によるもの、水ぶくれによって発症するものは対処法も症状発生のメカニズムも違います。

 

ただ、リンパが詰まると皮膚の代謝に異常が生じ、排毒機能をしっかり働かせることができずに肌がかゆくなるケースも珍しくありません。

 

本格的に肌のかゆみに対処する為には腸内環境を整え、解毒を司る内臓、肝臓をケアすることから始めなくてはなりません。

 

ストレッチやリンパマッサージが効果的

 

リンパマッサージや適度な運動を行うことでも、手軽にリンパの詰まりを除去することができます。

 

皮膚が健全に呼吸し、不要な毒を体外に排出する為にも、普段からリンパの流れを意識しストレッチやリンパマッサージを習慣にするのが理想的です。

 

 
運動習慣が全くなく、お風呂もシャワーで済ませて十分に発汗していない方も、リンパの流れが滞りがちです。

 

肝臓で処理し切れなかった有害物質、老廃物はリンパ液に流れ込みますが、普段から脂肪過多の食生活を送りどろどろ血液状態だとすぐにリンパ管も目詰まりを起こしてしまいます。

 

リンパ管がきちんと機能しなければ汗腺も詰まり、皮膚が脂性に傾いて皮脂膜にも異常が生じ、かゆみや炎症を引き起こされます。

 

最近はアトピー性皮膚炎も善玉菌対策などで腸内環境を整える対策が有力視されていますが、慢性的な肌のかゆみを自覚している方は生活習慣そのものを見直す必要があります。

 

 

タグ : 

身体のかゆみ   コメント:0

この皮膚のかゆみってアトピーなの?

読了までの目安時間:約 3分

 

アトピー

基本的に人は皮膚の防御として角質層を持っているため、内部の水分を保ちながら外からの攻撃に耐えられるような仕組みを持っています。

 

しかし、アトピーのかゆみで多いアトピー性皮膚炎になってしまうと、この皮膚の角質層の防御システムに重要な脂質の一つであるセラミドが減ってしまい、その結果皮膚の防御システムが弱まってしまいます。

 

一節によると、この防御力の低下によってアレルギーとしての炎症が引き起こされるとも言われています。

 

>>かゆみ止めの軟膏•クリーム一覧【楽天市場】

 

その皮膚の痒みはアトピー性皮膚炎かも

 

また、アトピーによるかゆみの中の病気の一つに、慢性的に湿疹を引き起こすようなアトピー性皮膚炎といった皮膚病があります。このアトピー性皮膚炎症状には、慢性的な皮膚のかぶれや、じんましんとして生じるような突発性のアレルギーによるかゆみなどとは異なり、慢性的なかぶれた状態により皮膚のかゆみを伴うものです。

 

 
アトピー性皮膚炎は遺伝的な要素もあるようで、特効薬もいまだ発見されてはおらず、根本的な治療法はなく、そのかゆみの症状にあわせた対症療法しか今のところない病気となっています。

 

そして、弱いアトピーのかゆみであれば、皮膚の防御機能を強くしたり、刺激による過剰な反応をしないような保湿剤などを基本とする治療法によって、しっとりとした皮膚の保湿を保つスキンケアなどを行うことでアトピーのかゆみを軽減することができます。

 

また、強いアトピーのかゆみの場合、アトピーのかゆみ治療として、ステロイドの一つの副腎皮質ホルモンの外用薬や免疫抑制の働きをする治療薬(プロトピック軟膏)などで炎症を抑える塗り薬を患部に塗る治療法があります。また、基本的には皮膚炎によるものなので、赤みがなくてカサカサしているだけのように見える皮膚の部位であっても、その皮膚周辺にはアトピー症状をもたらす免疫細胞がたくさん集まっています。

 

つまり、見た目には皮膚炎が起こっていないように思っていても、「かゆみ」が生じている場合は何らかの皮膚の炎症などのトラブルがある可能性が高いということです。このような、アトピーのかゆみをコントロールする為にもっとも大事なことは炎症を抑えることです。そして、皮膚の炎症の治療によって、アトピーのかゆみを抑え改善していくことが大切です。

 

 

タグ :    

身体のかゆみ   コメント:0