身体の悩み

身体のお悩み改善

ダニが原因で起こる身体のかゆみの3つの特徴と治し方とは?

読了までの目安時間:約 3分

 

ダニ かゆみ

疥癬の症状ですが、小さな赤いボツボツができ、夜に強いかゆみが起こる特徴があります。

 

ヒゼンダニは、角層内にトンネルを掘り進む性質があるので、皮膚に疥癬トンネルができていたら、それがヒゼンダニの寄生のあとです。

 

疥癬(かいせん)とは、ヒゼンダニ(疥癬虫)というダニが皮膚に寄生して起こる感染症です。

 

ヒゼンダニはたいへん小さなダニで、肉眼では見ることはできません。診察は、皮膚の小片を顕微鏡で、ヒゼンダニの成虫・卵があるかどうかを検査します。

 

寄生の数は1000匹以上ということで、頭以外の全身に発疹やかゆみの症状が出ます

 

疥癬の症状ですが、小さな赤いボツボツができ、夜に強いかゆみが起こる特徴があります。ヒゼンダニは、角層内にトンネルを掘り進む性質があるので、皮膚に疥癬トンネルができていたら、それがヒゼンダニの寄生のあとです。

 

ヒゼンダニが卵から成虫になるまでは、10〜14日ほどです。感染してから、1ヶ月ほどの潜伏期間があって発症します。

 

しかし、死滅後も、疥癬トンネル内に残していったフンや脱皮したぬけがらに対するアレルギー反応のために、かゆみは残ります。

 

疥癬の治療には、内服薬の服用、またはヒゼンダニを殺虫する外用剤を、顔や頭をのぞく全身に、余すところなく塗ります

 

 
ヒゼンダニは熱に弱く、人から離れて生きられません。お風呂に毎日入る人に疥癬の発症はないそうです、毎日お風呂に入りましょう!

 

疥癬は家族にも感染する可能性が高いため、同じ部屋に寝ない、下着、衣類、シーツなどは毎日交換する、寝具も念入りに掃除機をかけます。

 

通常の社会生活では、数時間並んで座ったぐらいでは感染する可能性はないようですが、こたつでざこ寝みたいなことで感染するかもしれません。

 

 

タグ :  

身体のかゆみ   コメント:0