身体の悩み

身体のお悩み改善

かゆみの後に頭痛が起こるのはヒスタミン食中毒!?

読了までの目安時間:約 3分

 

頭痛 かゆみ

かゆみと頭痛に苦しめられる病気の代表が、ヒスタミン食中毒です。

 

ヒスタミン食中毒とは、マグロや鯖などヒスタミンの含有量が多い魚介類、加工品などを食べることで引き起こされるアレルギー様食中毒で、かゆみや頭痛が主症状になります。

 

発症した場合、原因となる食品を口にしてから30分から60分ぐらいで症状が現れます

 

かゆみや頭痛の他、発熱や嘔吐、じんましん、下痢、顔面紅潮、眼や口の熱感などの症状を伴うこともあります。

 

最初に眼や口の違和感を覚え、次第に顔が紅潮してかゆみを伴うじんましんが出た後、頭痛や発熱、悪寒、嘔吐や下痢が起きるのが一般的な症状発症の流れになります。

 

もちろん通常ならマグロや鯖を食べても問題ありません。

 

ただ、輸送や製造加工工程、保存中に温度管理を失敗したり鮮度が著しく落ちることで細菌が異常増殖し、アレルギー反応を引き起こす大量のヒスタミンを発生させてしまいます。

 

ヒスタミン食中毒を予防する為にも、魚を食べる時は鮮度にも注意し、購入後冷蔵庫や冷凍庫で長期間保存するのは避けましょう。

 

 
冷凍した魚を一旦解凍し、再び凍らせることも腐敗に繋がりやすくなるので要注意です。

 

また、外食でも魚を口にして舌先や唇に妙な刺激を感じたら、吐き出してそれ以上食べないようにしましょう。

 

ヒスタミン食中毒は学校の給食や会社の社員食堂などでも度々発生し、ニュースになっています。

 

残念ながらヒスタミン食中毒になってしまったら、一刻も早く嘔吐し胃の中の毒性物質を吐き出すしかありません。

 

ある程度吐いた後は、水をたくさん飲むよう指示される筈です。

 

 

タグ : 

身体のかゆみ   コメント:0

お風呂やお湯で身体のかゆみが出るのは病気なの?原因は何?

読了までの目安時間:約 3分

 

風呂かゆみ

かゆみはお湯、お風呂で軽減させることができます。

 

保湿効果の高い入浴剤を入れて入浴すれば、乾燥によるかゆみ対策にもなりますし、お風呂ではリラックスできるのでかゆみを感じる程ストレスを感じている時にもぴったりです。

 

ただし、お風呂に入ると逆にかゆみ症状が激しくなる場合、温熱じんましんの恐れがあります。

 

快適ですっきりする筈のお風呂で肌がかゆくなる場合、温熱じんましんを発症する体質を疑ってみましょう。

 

寒い冬場、エアコンやストーブなどの温風、コタツなどの暖房器具に近づくことで肌がかゆくなった経験がある方も要注意です。

 

 
入浴中、太ももや腕がかゆくなり、入浴後はどんどんかゆみが増す場合も温熱じんましんの疑いが濃厚です。

 

 

身体を激しく動かしたりスポーツ中汗をかくと肌がかゆくなるタイプの方も温熱じんましんの確率が高いと考えられます。

 

まだまだ分かっていないことが多い温熱じんましんですが、今のところかゆくなる原因はヒスタミンとされています。

 

お風呂や運動で体温が上昇し、発汗することで肥満細胞からヒスタミンが大量に放出され、神経にも刺激が与えられ皮膚にかゆみが生じます。

 

ヒスタミンは毛細血管にも刺激を与えるので、肌がかゆくなると同時に皮膚が腫れたり赤くなる症状に見舞われるケースも珍しくありません。

 

温熱じんましんが疑われる以上、お風呂に入る時も熱いお湯を避けぬるま湯に浸かり、汗をかくようなハードな運動は控えた方が無難です。

 

暑い夏場はこまめに冷たいシャワーを浴びることで体温の上昇を抑えることができますし、身体を温めないようにする対策が有効です。

 

 

タグ :   

身体のかゆみ   コメント:0

かゆみの原因は神経ペプチドのヒスタミンが犯人?

読了までの目安時間:約 3分

 

かゆみヒスタミン

かゆみはヒスタミンが原因で引き起こされるケースが大半です。

 

ヒスタミン原因によるかゆみの場合、かゆくても掻くのは厳禁。

 

かゆい場所を掻いてしまうと、ヒスタミンを誘発する神経ペプチドと言う物質が更に分泌され、余計かゆみが強くなってしまいます

 

かゆいところを掻けば一時的にかゆみが収まった気がしますが、掻き終えた直後から猛烈なかゆみに襲われ悪循環に陥ってしまいます。

 

ダニの場合、掻いて皮膚から払い落す対策も有効ですが、一般的なかゆみの場合は掻かずに抗ヒスタミン剤のようなかゆみ止めを塗って症状が落ち着くのを待ちましょう。

 

 
ドライヤーの熱風をあてるとかゆみが一時的かつ即効的に抑えることもできます。

 

ただし、免疫異常が原因で皮膚がかゆくなるアトピー性皮膚炎、内臓疾患による中枢性のかゆみに対しては抗ヒスタミン剤が効きません

 

最近はストレスによって自律神経失調症を発症する方も増えています。

 

自律神経がバランスを崩すと夕方以降の遅い時間帯、就寝中など副交感神経が優位に働くリラックスタイムに肌が痒くなったり湿疹が出る可能性があります。

 

水分補給に問題があって極度の乾燥状態になって肌がかゆくなるケースもありますし、洗剤アレルギーで身体がかゆくなることも。

 

思わぬ原因が潜んでいる可能性もあるので、自己判断は禁物です。

 

抗ヒスタミン剤が効くかどうかジャッジして貰う為にも、一度病院で診て貰い原因をはっきりさせるのが辛いかゆみから解放される一番の近道です。

 

 

タグ : 

身体のかゆみ   コメント:0