身体の悩み

身体のお悩み改善

ボディーソープと身体のかゆみの意外な関係とは?

読了までの目安時間:約 3分

 

ボディーソープ

かゆみはボディーソープが原因で引き起こされることもあります。

 

石鹸だと肌が乾燥してかゆい場合、保湿効果に優れたボディーソープでかゆみが治まる可能性もあります。

 

ただ、深刻な乾燥肌、敏感肌とボディーソープは実はあまり相性が良くありません

 

ボディーソープは基本的にポンプ容器に入れられている為に1回に出す量を調節しにくく、ついつい必要以上に大量に出してしまう傾向があり肌によろしくありません。

 

それにボディーソープの種類にもよりますが、よくドラッグストアでセールされているようなお手頃価格のものには特に注意が必要です。

 

安かろう悪かろうとは安易に言えませんが、低価格で販売する為に原料費にそうお金をかけられず肌に刺激が強い界面活性剤を多用している恐れがあります。

 

また、使い心地を追求する為に人工香料も高確率で添加しているのも安価なボディーソープの特徴です。

 

保湿成分や美容成分をむやみやたらにブレンドし、皮膚の洗浄を言うボディーソープ本来の目的が半ば失われてしまっているような商品も少なくありません。

 

泡を洗い流してもぬめぬめとした感触が中々取れないようなボディーソープで後からかゆみが生じるようなら、要注意かも知れません。

 

そういった場合には、シンプルな洗浄力が魅力の固形石鹸に切り替えてみてはいかがでしょうか。

 

炭やピーリング成分など洗浄力が特別に強い石鹸でなければ、肌にそう強い負担になることはありませんし毎日使っても問題ありません。

 

 
かゆみ予防としてボディーソープを選ぶ際には、牛乳石鹸のようなマイルド処方のものにも是非トライしてみて下さい。

 

 

タグ :  

身体のかゆみ   コメント:0

ボディーソープが原因で肌のかゆみって起こるの?

読了までの目安時間:約 3分

 

ボディーソープのかゆみ

もしかしたら、あなたの肌のかゆみはボディーソープが原因かも知れません。

 

もし特にお風呂上りにかゆくなるようなら、使用しているボディーソープの成分を見直したり思い切って石鹸に切り替える対策も必要です。

 

ずっとボディーソープ派の方は石鹸を使いにくいと感じる傾向がありますが、一般的なボディーソープの主成分は合成界面活性剤です。合成界面活性剤は油汚れもすんなり落とす食器洗い洗剤にも使われている程洗浄力に優れています。

 

ただし皮膚が元々備え持つバリア機能を破壊する程刺激が強い為、使い続けることで肌がどんどん乾燥しやすくなります。

 

 
最近はナチュラル成分を配合しているボディーソープも増えているので一概には言えませんが、身体を洗う洗浄剤の成分には気をつけましょう。

また、かゆみが激しい場合、ぬるま湯で洗い流す程度でお手入れを済ませましょう。症状が落ち着くまではできるだけ皮膚に刺激を与えないことも重要です。

 

どうしてもボディーソープや石鹸をつけたい時も、皮膚の構造を壊さないよう手のひらにたっぷり泡をつけて撫で洗いしましょう。垢すりは論外ですし、硬いボディーブラシ、ナイロンブラシもNGです。

 

更に42℃以上の熱過ぎるお湯は皮膚の保湿成分を溶かしてしまい、水分をキープできずに乾燥状態になります。かゆみを引き起こすので、シャワーやお風呂の温度にも要注意です。

 

このように、身体を衛生的に保つ為のお風呂習慣にはかゆみの原因となる要素が結構多い為、身体のかゆみで辛い思いをしている方はシャワー方法、入浴方法を見直してみましょう。

 

 

タグ : 

身体のかゆみ   コメント:0