身体の悩み

身体のお悩み改善

誰でも出来る!身体の痒みを和らげる簡単な3つの食べ物とは?

読了までの目安時間:約 3分

 

痒みを和らげる食品

痒みを和らげる為にしょっちゅう薬を使っていると、副作用が心配ですよね。

 

もちろん痒みに耐え切れずにかきむしって皮膚を傷つけてしまわないよう、緊急の時には薬剤の使用もやむを得ません。

 

ただ、肌になるべく負担をかけない為にも薬以外の痒み対策法も積極的に試してみて下さい。

 

例えば痒みを和らげると評判な食品が、玉ねぎです。

 

玉ねぎ自体、血液サラサラ効果で知られていますが、痒み対策では玉ねぎの表面を覆う皮を使います。

 

表皮を刻んで細かくしたものをお湯に浸して飲んだり、ブレンダーで粉末にして飲むことで痒みに効くそうです。手っ取り早く玉ねぎ茶を飲む方法でも良さそうです。

 

また、レモンに含まれるビタミンCも痒みの原因となる有害物質の毒を消す働きがある為、フルーツジュースやミネラルウォーターにレモン汁を搾って飲むのもオススメの対策です。

 

レモンなどの果物を絞るのが面倒なら、柑橘系フルーツの100%エキス、ストレートジュースを常備しておきましょう。

 

 
こういった食べ物を使った痒みを和らげる方法は、あくまでの自然療法であって薬ではありません。

従って痒み止め程即効性はありませんし、必ず効くとは限りません。その代わり、薬のような副作用も心配ありませんし、依存性もありませんので安心して頼ることができるのではないでしょうか。

 

また、最近アトピーや花粉症などアレルギー性皮膚炎による痒みは、ヨーグルトなどを食べる事によって腸内環境を改善することで緩和すると言われています。

 

お腹の中をキレイにする食物繊維や乳酸菌をたくさん含む食べ物も、普段から意識して食べるようにしましょう。

 

 

タグ :    

身体のかゆみ   コメント:0

乳酸菌飲料ラッシーの作り方

読了までの目安時間:約 3分

 

ラッシー

乳酸菌飲料の作り方をご紹介します。最近手作り乳酸菌飲料としてブームになっているのが、インド名物のラッシーでしょう。ラッシーは乳酸菌飲料ですが、作り方も非常に簡単です。

 

ヨーグルトをベースにした乳酸菌飲料であるラッシーは、砂糖やフルーツ、塩などを混ぜて、幅広くブレンドを楽しむことができます。日本では宮崎県ブームもあり、宮崎県の名産物マンゴーを使ったマンゴー・ラッシーも特に人気を呼んでいます。

 


1週間ほどで実感!毎朝スッキリ楽々!
ニューヨーク最高賞受賞の『生きた乳酸菌』

 

簡単ラッシーの作り方

 

ではラッシーの作り方ですが、材料はヨーグルトと牛乳、水(氷)とジャグリハニーだけです。ジャクリハニー以外は簡単に手に入れることができる材料ですよね。

 

ジャグリハニーは日本の黒砂糖のようなもので、サトウキビから作られる茶色いお砂糖です。→【楽天市場】ジャグリ一覧
もしジャグリハニーが揃わない場合は、普通の蜂蜜で代用してもOKでしょう。

 

まず、ラッシーの材料(ヨーグルト250g、牛乳と水を100gづつ、ジャグリハニー大さじ2杯)をすべてミキサーに入れて攪拌するだけで出来上がりです。

 

 
コツは2回に分けて5秒ぐらいづつ攪拌することです。

「たった5秒を2回だけ?」と物足りなく感じる方もいらっしゃるかも知れませんね。でも攪拌時間が長いと、ヨーグルトはバターミルク状に分離してしまいます。バターミルクという別の飲み物になってしまうのです。

 

バターミルクはラッシーよりも軽いテイストなので、お好みによってはそちらもお試し下さい。>>人気のラッシーのランキング【楽天市場】

 

そのままラッシーを常温で飲んでもOKですが、夏場など暑い時期には、冷やした方が美味しくいただけますよ^^

 

 

タグ :  

乳酸菌   コメント:0

乳酸菌を摂取すると病気予防ができるの?

読了までの目安時間:約 3分

 

乳酸菌病気予防

乳酸菌で病気を予防することができます。しかも、乳酸菌は薬ではありませんから、乳酸菌飲料やヨーグルト、乳酸菌サプリメントなど乳酸菌関連商品で病気を予防しても副作用などの心配は要りません。とても健康的に、発病を未然に防ぐことが可能なんです。

 

乳酸菌で病気を予防する為にも、乳酸菌は定期的に摂取する必要があります。テレビで乳酸菌の特集を眼にした時だけ、思い出したようにヨーグルトを買ってきて食べるなんて摂取方法では不十分です。

 

腸も生きていますし、腸の中の悪玉菌も生きています。ですから日々、乳酸菌で善玉菌を増やさないと、悪玉菌がどんどん増殖してしまいます。

 

 
乳酸菌は病気を予防するだけではなく、肌にとっても最高のご馳走です。美容の専門家からも、パックでスペシャルケアをするより、乳酸菌を積極的に摂取して腸内環境を整える方が、肌トラブルが解消され、明るく透明度の高い美肌になれると指摘されています。

 


1週間ほどで実感!毎朝スッキリ楽々!
ニューヨーク最高賞受賞の『生きた乳酸菌』

 

美肌への近道

確かにパックは肌トラブルに対して、非常に応急処置的です。その点、乳酸菌の摂取は、身体の中からきれいにしてくれますから、腸内環境を整える方が美肌への近道という説にも納得できますよね。

 

最近は、乳酸菌で病気を予防するために、様々な乳酸菌の関連商品が発売されています。ヨーグルト以外でも、乳酸菌飲料や乳酸菌サプリメントなどで乳酸菌は摂取することができるのです。ヨーグルトの味がどうしても苦手という方も、サプリメントなら気軽に摂取することができますのでおすすめです。

 

 

タグ : 

乳酸菌   コメント:0