ラッシー 作り方

身体のお悩み改善

乳酸菌飲料ラッシーの作り方

読了までの目安時間:約 3分

 

ラッシー

乳酸菌飲料の作り方をご紹介します。最近手作り乳酸菌飲料としてブームになっているのが、インド名物のラッシーでしょう。ラッシーは乳酸菌飲料ですが、作り方も非常に簡単です。

 

ヨーグルトをベースにした乳酸菌飲料であるラッシーは、砂糖やフルーツ、塩などを混ぜて、幅広くブレンドを楽しむことができます。日本では宮崎県ブームもあり、宮崎県の名産物マンゴーを使ったマンゴー・ラッシーも特に人気を呼んでいます。

 


1週間ほどで実感!毎朝スッキリ楽々!
ニューヨーク最高賞受賞の『生きた乳酸菌』

 

簡単ラッシーの作り方

 

ではラッシーの作り方ですが、材料はヨーグルトと牛乳、水(氷)とジャグリハニーだけです。ジャクリハニー以外は簡単に手に入れることができる材料ですよね。

 

ジャグリハニーは日本の黒砂糖のようなもので、サトウキビから作られる茶色いお砂糖です。→【楽天市場】ジャグリ一覧
もしジャグリハニーが揃わない場合は、普通の蜂蜜で代用してもOKでしょう。

 

まず、ラッシーの材料(ヨーグルト250g、牛乳と水を100gづつ、ジャグリハニー大さじ2杯)をすべてミキサーに入れて攪拌するだけで出来上がりです。

 

 
コツは2回に分けて5秒ぐらいづつ攪拌することです。

「たった5秒を2回だけ?」と物足りなく感じる方もいらっしゃるかも知れませんね。でも攪拌時間が長いと、ヨーグルトはバターミルク状に分離してしまいます。バターミルクという別の飲み物になってしまうのです。

 

バターミルクはラッシーよりも軽いテイストなので、お好みによってはそちらもお試し下さい。>>人気のラッシーのランキング【楽天市場】

 

そのままラッシーを常温で飲んでもOKですが、夏場など暑い時期には、冷やした方が美味しくいただけますよ^^

 

 

タグ :  

乳酸菌   コメント:0