身体の悩み

身体のお悩み改善

犬や猫などのペットの動物アレルギーには要注意!

読了までの目安時間:約 3分

 

動物アレルギー

現代病といっても過言ではないほど日本に患者の多いアレルギーにはさまざまな種類がありますが、ペットブームにともなって注目されているのが「動物アレルギー」です。

 

動物アレルギーは、犬や猫などのペットだけでなくダニなどの生物も含むとアレルギー性疾患のなかでもっとも頻度が高いといわれています。

 

動物アレルギーの症状には、昆虫に刺されることで生じるアナフィキラーショックなど重篤な状態になる危険なものもあるので注意が必要です。

 

ダニやほにゅう類の毛や唾液などによって生じるアレルギー性結膜炎やぜんそく、鼻アレルギーなども動物アレルギーによく見られる症状です。ほかにも、動物アレルギーの代表的な症状としては、鳥類の排泄物や羽毛などが原因で起こる過敏性肺炎や喘息、両生類や魚類などを介して生じる皮膚炎などがよくあげられます。

 

動物アレルギーと診断された場合、薬物療法としては抗アレルギー薬や抗ヒスタミン薬といった動物アレルギー以外の症状とおなじ薬を服用します。しかし、動物アレルギーの治療で基本となるのはアレルギー反応の出る動物との接触を避けることです。

 

 
動物アレルギーは動物の毛や唾液、羽毛などで起こるので、これらを避けた生活環境を維持することが不可欠です。家族に動物アレルギーの症状がみられたからといってやみくもにペットを手放すことだけはしないで下さい。

 

まずは動物アレルギーの原因が何なのかを明らかにすることが大事です。急に動物アレルギーの反応がでた場合には、寝不足や疲れ気味などの体調不良が原因かもしれません。

 

動物アレルギーの症状が見受けられたら、いったんペットとのスキンシップは控えめにし、自身の体調を整えてから動物アレルギーの反応が続くか様子を見ましょう。

 

とくに犬や猫のように散歩をさせる動物の場合、ペットの毛ではなくペットについた虫などが原因で動物アレルギーの反応が出ている可能性もあります。ペットを外に出したときは家に入る前にペットの体に虫などがついていないかをチェックするようにしましょう。

 

 

タグ :   

アレルギー   コメント:0