身体の悩み

身体のお悩み改善

まぶたのかゆみって眼瞼縁炎なの?

読了までの目安時間:約 3分

 

まぶたのかゆみ

あなたのまぶたのかゆみは「がんけんえんえん」かもしれませんよ!?

 

眼瞼縁炎(がんけんえんえん)とは、まぶたのかゆみや炎症の事を言い、細菌感染・いろいろな刺激・体質によるものを原因とし、症状に個人差があります。かゆみの他に、まぶたのふちが赤くはれたり、ただれる、カサカサするなどの症状が出ることが一般的です。

 

アレルギー体質が眼瞼縁炎であるまぶたのかゆみの原因になっていることが多いため、そこに外的な刺激や細菌感染が加わり起こると、反復再発しやすく、長期にわたる慢性的な炎症になっていることが多いようです。

 

細菌による「まぶた」のかゆみの治し方とは?


 

 
細菌によるまぶたのかゆみは、抗生物質の眼軟膏・アレルギー性の副腎皮質ホルモンの眼軟膏でまぶたのかゆみを治療することが一般的です。また、ビタミンB2・B6の欠乏によって細菌感染を引き起こすこともあるので、常にまぶた近辺を清潔を心がけるのと同時に祝辞では野菜類をバランスよくしっかりとるように心がけましょう。

 

特にモラックスアクセンフェルド双杆菌がまぶたのかゆみの眼瞼縁炎の原因である場合は、口角びらん症を伴い、子供が学校給食の食器を通して感染してしまう可能性があります。この場合は、自分でまぶたのかゆみを治そうと思って、薬や美容液などを塗ると、瞼は皮膚がうすいことから、かえって余計に悪化してしまう可能性があります。

 

このまぶたのかゆみの原因として考えられることは、アトピーやアレルギー、精神的な疲労やストレス、また花粉症によるものなどあります。

 

また、かゆみがあるからといって、掻いてしまうとデリケートな部分だけに皮膚が伸びてしまったりすることがある為、いくらかゆくてもかかないことが大切であり、まずはそうなる前に早めに皮膚科での診察をお勧めします。最善のまぶたのかゆみの治療方法としては、皮膚科で調べてもらって治療薬のお薬を貰うのが一番でしょう。

 

 

タグ :     

身体のかゆみ   コメント:0

子供に多い牛乳・卵アレルギーの次に来る甲殻類アレルギーって何?

読了までの目安時間:約 3分

 

甲殻類アレルギー

食物アレルギーの代表的な種類のひとつに「甲殻類アレルギー」があります。甲殻類アレルギーは、トロポミオシンと呼ばれる筋原繊維タンパク質がおもな原因です。

 

甲殻類アレルギーを起こすトロポミオシンは甲殻類にかぎらず、真ガキやサザエやスルメイカ、真ダコというような貝類にも含まれています。

 

また、甲穀類アレルギーとは呼ばれてはいますが、軟体動物でも甲殻類にたいするアレルギーとおなじ症状を起こす危険性があります。重い甲殻類アレルギーの人には少し手で触れただけでアレルギーの症状が出る場合もあります。

 

幼児期までの食物アレルギーは、およそ半数の割合で牛乳と鶏卵のアレルギーだと言われています。やがて成長ととともに牛乳によるアレルギー反応は減少し、かわって甲殻類に対するアレルギーが増加するというデータがあります。甲殻類のほかに成人期を過ぎてから生じるアレルギーの主な原因としては、小麦や魚類などがよくあげられます。

 

甲殻類にたいするアレルギーが出ると、じんましんや、アナフィラキシーショックなどの症状があります。甲殻類によるアレルギー反応は、口にしてからおよそ2時間以内にはあらわれます。

 

 
甲殻類アレルギーの検査をする場合には、皮膚検査や血液検査、抗体検査、ヒスタミン遊離試験などが主に行われます。甲殻類によるアレルギー反応を調べる場合には、ショックのリスクが非常に高いとされている皮内テストはめったにおこなわれません。

 

クロモグリク酸ナトリウムそして、甲殻類のアレルギーの治療ではほかの食物アレルギーと同じように、正しい診断に基づいて原因食物を必要最小限のみ取り除くことが大切です。また、甲殻類アレルギーでは薬物療法があわせて行われる場合もあります。甲殻類のアレルギー治療で用いられるのはクロモグリク酸ナトリウムです。

 

ほかにも、抗ヒスタミン作用を有する抗アレルギー薬などが甲殻類アレルギーの薬物療法で用いられます。誤って原因となる甲殻類などを食べてしまったときに発症する気管支喘息などのアレルギーを予防することができます。

 

 

タグ :     

アレルギー   コメント:0

痒みを感じやすい背中のかゆみの原因とは?

読了までの目安時間:約 3分

 

背中のかゆみ

身体の部位で最もかゆみを感じやすい部位が背中であり、その他にかゆみを感じやすいのが足、脛、首であると言われています。

 

背中にかゆみが生じる原因は様々ですが、発赤を伴う背中のかゆみなら何らかの皮膚炎である可能性があります。継続的に背中のかゆみがある場合は、一度皮膚科で診療を受けることをおすすめします。

 

背中のかゆみの原因として、ホルモンやストレスが関わっている場合は、背中のかゆみのある患部に塗布薬を塗るとともに内服薬を併用することで治療を行うことがあります。

 

背中のかゆみは湿度、食事メニュー、温度の変化が原因であることが多く、中でも特に温度の低下により背中のかゆみが引き起こされることが多いようです。皮膚というのは本来他の身体の機能と同様、いろいろな代謝により維持・管理されています。しかし、皮膚の場合は他の身体の器官よりも多く空気と接触します。

 

そのため、気温が低い場合であれば皮膚の代謝が悪くなる状態にあり、これが原因で乾燥して背中などの皮膚カサつき、背中にかゆみを覚えることがあるわけです。そして、空気が乾燥しているような環境に常にいる状態であれば、さらに背中のかゆみの悪循環につながります。

 

なので、背中や全身、手足の指先に寒さを感じたら背中にもう一枚何か羽織ったりして乾燥を防いだりオイルケアを行うことで背中のかゆみが改善される場合があります。

 

>>かゆみ止めの軟膏•クリーム一覧【楽天市場】

 

ペットを飼ってしませんか?

 

また、ペットを飼っている環境において、背中のかゆみを感じる場合は、その背中のかゆみの原因にはペットに付いているノミやシラミによる可能性があります。

 

このような原因の場合は早急に掃除・洗濯、または薬をまく、ペットをお風呂に入れ清潔に保つなどの対処をすることで改善することもあります。

 

また、背中のかゆみの原因がアトピー性皮膚炎による場合は、一般的に副腎皮質ホルモン剤が処方されることが多いようです。

 

 
仮に今までアトピー性皮膚炎ではなかった大人でも、アトピー性皮膚炎にかかってしまうこともあるため、もしアトピー性皮膚炎のような症状が出た場合は一度皮膚科などの専門医の診察を受けることをおすすめします。

 

 

タグ :   

身体のかゆみ   コメント:0