身体の悩み

身体のお悩み改善

不快な「おりもの」のかゆみは意外なものが原因に?

読了までの目安時間:約 3分

 

おりもの かゆみ

「おりもの」でかゆみがでる場合というのは、たとえば「カンジダ膣炎」になると、白いポロポロとしたおりものがでて、外陰部のかゆみをともないます。

 

「おりもの」とは、膣や子宮からの分泌物で、通常は無色透明または白色をしています。下着やナプキンにつくと変色することもあります。生理前になるとおりものの量は増え、排卵期には粘り気のあるおりものがでます。

 

「おりもの」でかゆみがでる場合というのは、たとえば「カンジダ膣炎」になると、白いポロポロとしたおりものがでて、外陰部のかゆみをともないます。

 

カンジダ膣炎の治療方法ですが、カンジダというのはカビの一種で、膣内を洗浄した後、膣錠を使用し、軟膏やクリームなどを塗ります。

 

 
通院期間は1〜2週間ですが、再発を繰り返すことが多いようです。

 

「トリコモナス膣炎」は、トリコモナス原虫という寄生虫の感染が原因となって起こります。感染経路は、性行為、入浴時のイス、便器などからうつるケースもあるようです。

 

トリコモナス膣炎の症状は、白いあわ状のおりものや黄色っぽいおりものが増えたり、外陰部のかゆみなどです。

 

治療方法は、内服薬の服用、膣内の洗浄と膣錠の使用、外陰部のかゆみに対しては、軟膏・クリームを塗ります。男性にはほとんど自覚症状がないので、感染に気づけないことがあります。女性に感染が確認された場合は、パートナーにも検査を受けてもらって下さい。

 

「細菌性膣炎」は、魚臭帯下とも呼ばれ、魚のような生臭い不快なニオイのするおりものがでるのが特徴です。細菌性膣炎の治療は、腟内を洗浄し、抗生物質の腟錠を挿入します。

 

外陰部のかゆみに対しては、軟膏を用いて治療します。おりものに異常や変化がみられたときは、泌尿器科や産婦人科を受診されてください。

 

 

タグ :    

身体のかゆみ   コメント:0

じんましんのかゆみの原因って何?対処法はどうすれば?

読了までの目安時間:約 3分

 

じんましんのかゆみ

じんましんは、食物や薬などによるアレルギー性のもの、カビや細菌などの感染性のもの、寒い場所から暖かい場所にうつったときの温度差など、いろいろです。

 

じんましんの原因が特定できる場合には、その原因を避けることで防げますが、原因がわからない場合だと、何度も同じ刺激を受けて再発することがあります。環境を変えることで完治する場合もあるようです。

 

また、じんましんの症状は、皮膚の表面に発疹ができ、赤くはれ、かゆみがともないます。発疹の大きさは、小さなものから大きなものまで、形はさまざまです。地図のようにつながって出る場合もあります。

 

 
発疹、かゆみが短時間で消えるものを急性じんましん、症状がおさまらず長く続くものは慢性じんましんとされます。

 

じんましんの治療には、抗ヒスタミン剤が用いられます。抗ヒスタミン薬は、じんましんの原因物質であるヒスタミンを出しにくくする薬です。

 

また、アレルギー性のじんましんに関しては、アレルギーの原因であるアレルゲンを特定して、そのアレルゲンを注射することにより、抗体を生成する「脱感作療法」いう治療法があります。

 

なお、じんましんの起こる原因さえわかれば、治りは比較的早い病気だと言われています。

 

そして、じんましん治療の薬は、塗り薬であれば、クリーム剤、軟膏剤、液剤、ローション剤などじんましんのできている場所により、塗りやすいものを使用するとよいでしょう。

 

飲み薬は、錠剤、カプセル剤、顆粒剤、シロップ剤などがありますので飲みやすいものを服用することができます。

 

 

タグ :    

身体のかゆみ   コメント:0

子供に多い牛乳・卵アレルギーの次に来る甲殻類アレルギーって何?

読了までの目安時間:約 3分

 

甲殻類アレルギー

食物アレルギーの代表的な種類のひとつに「甲殻類アレルギー」があります。甲殻類アレルギーは、トロポミオシンと呼ばれる筋原繊維タンパク質がおもな原因です。

 

甲殻類アレルギーを起こすトロポミオシンは甲殻類にかぎらず、真ガキやサザエやスルメイカ、真ダコというような貝類にも含まれています。

 

また、甲穀類アレルギーとは呼ばれてはいますが、軟体動物でも甲殻類にたいするアレルギーとおなじ症状を起こす危険性があります。重い甲殻類アレルギーの人には少し手で触れただけでアレルギーの症状が出る場合もあります。

 

幼児期までの食物アレルギーは、およそ半数の割合で牛乳と鶏卵のアレルギーだと言われています。やがて成長ととともに牛乳によるアレルギー反応は減少し、かわって甲殻類に対するアレルギーが増加するというデータがあります。甲殻類のほかに成人期を過ぎてから生じるアレルギーの主な原因としては、小麦や魚類などがよくあげられます。

 

甲殻類にたいするアレルギーが出ると、じんましんや、アナフィラキシーショックなどの症状があります。甲殻類によるアレルギー反応は、口にしてからおよそ2時間以内にはあらわれます。

 

 
甲殻類アレルギーの検査をする場合には、皮膚検査や血液検査、抗体検査、ヒスタミン遊離試験などが主に行われます。甲殻類によるアレルギー反応を調べる場合には、ショックのリスクが非常に高いとされている皮内テストはめったにおこなわれません。

 

クロモグリク酸ナトリウムそして、甲殻類のアレルギーの治療ではほかの食物アレルギーと同じように、正しい診断に基づいて原因食物を必要最小限のみ取り除くことが大切です。また、甲殻類アレルギーでは薬物療法があわせて行われる場合もあります。甲殻類のアレルギー治療で用いられるのはクロモグリク酸ナトリウムです。

 

ほかにも、抗ヒスタミン作用を有する抗アレルギー薬などが甲殻類アレルギーの薬物療法で用いられます。誤って原因となる甲殻類などを食べてしまったときに発症する気管支喘息などのアレルギーを予防することができます。

 

 

タグ :     

アレルギー   コメント:0

そばアレルギーの危険性とは?

読了までの目安時間:約 3分

 

そばアレルギー

食物アレルギーのなかでも日本人に多くみられる食物のひとつが、そばアレルギーです。そばアレルギーは「アナフィラクシーショック」と呼ばれる重篤なショック症状を引き起こす危険性をもつアレルギー症状です。

 

食べ物の好き嫌いだけでなく生死にかかわる病気といえるそばアレルギーには、本人だけでなく周囲の人にも正しい知識を持つことが求められます。

 

そばアレルギーの症状は多岐にわたります。皮膚への反応としては、全身にじんましんが出たり口の周りの赤く腫れあがったりします。のどのイガイガ感やぜんそく、咳き込みのような呼吸器の症状、下痢や嘔吐といった消火器の症状もそばアレルギーにはよく見られます。

 

また、そばアレルギーでは全身が紫色に水ぶくれしたり呼吸困難になって窒息することもあるので注意が必要です。

 

 
実は、そばアレルギーにはまだ有効な治療方法が確立されていません。そばアレルギーの対策としては基本的にそばを食べないようにすれば大丈夫ですが、そばではないと思って食べたものにそばが含まれてこともあるので注意しましょう。

 

アナフィラキシーショックを起こしうるそばアレルギーの場合はこういった事態にとくに注意する必要があります。

 

たとえば、うどん屋でうどんを食べたところそばと一緒にゆでていてそばが混入したためにアレルギー症状が出ることがあります。そばアレルギーの症状が重い人だとそば屋の前を通るだけでも症状が出る場合もあるので、周囲の人は各人のアレルギー体質がどれだけ敏感かということも知っておきましょう。

 

このように、そばアレルギーは重篤な症状を起こしうるため、そばには食品表示義務があります。食品を買う際には、そばが使われているとは一見思えない食品であっても念のため表示を調べるようにしましょう。

 

また、そばアレルギーの人は、ショック症状が起きたときに対処する薬として「エピペン」といわれる注射を持つことも万が一の対策として有効です。

 

そばアレルギーに悩む子どもたちのためのレシピ集も出版されているので、上手にそばアレルギーと付き合っていく前向きな姿勢が大切です。

 

 

タグ :    

アレルギー   コメント:0