身体の悩み

身体のお悩み改善

まぶたのかゆみって眼瞼縁炎なの?

読了までの目安時間:約 3分

 

まぶたのかゆみ

あなたのまぶたのかゆみは「がんけんえんえん」かもしれませんよ!?

 

眼瞼縁炎(がんけんえんえん)とは、まぶたのかゆみや炎症の事を言い、細菌感染・いろいろな刺激・体質によるものを原因とし、症状に個人差があります。かゆみの他に、まぶたのふちが赤くはれたり、ただれる、カサカサするなどの症状が出ることが一般的です。

 

アレルギー体質が眼瞼縁炎であるまぶたのかゆみの原因になっていることが多いため、そこに外的な刺激や細菌感染が加わり起こると、反復再発しやすく、長期にわたる慢性的な炎症になっていることが多いようです。

 

細菌による「まぶた」のかゆみの治し方とは?


 

 
細菌によるまぶたのかゆみは、抗生物質の眼軟膏・アレルギー性の副腎皮質ホルモンの眼軟膏でまぶたのかゆみを治療することが一般的です。また、ビタミンB2・B6の欠乏によって細菌感染を引き起こすこともあるので、常にまぶた近辺を清潔を心がけるのと同時に祝辞では野菜類をバランスよくしっかりとるように心がけましょう。

 

特にモラックスアクセンフェルド双杆菌がまぶたのかゆみの眼瞼縁炎の原因である場合は、口角びらん症を伴い、子供が学校給食の食器を通して感染してしまう可能性があります。この場合は、自分でまぶたのかゆみを治そうと思って、薬や美容液などを塗ると、瞼は皮膚がうすいことから、かえって余計に悪化してしまう可能性があります。

 

このまぶたのかゆみの原因として考えられることは、アトピーやアレルギー、精神的な疲労やストレス、また花粉症によるものなどあります。

 

また、かゆみがあるからといって、掻いてしまうとデリケートな部分だけに皮膚が伸びてしまったりすることがある為、いくらかゆくてもかかないことが大切であり、まずはそうなる前に早めに皮膚科での診察をお勧めします。最善のまぶたのかゆみの治療方法としては、皮膚科で調べてもらって治療薬のお薬を貰うのが一番でしょう。

 

 

タグ :     

身体のかゆみ   コメント:0

この皮膚のかゆみってアトピーなの?

読了までの目安時間:約 3分

 

アトピー

基本的に人は皮膚の防御として角質層を持っているため、内部の水分を保ちながら外からの攻撃に耐えられるような仕組みを持っています。

 

しかし、アトピーのかゆみで多いアトピー性皮膚炎になってしまうと、この皮膚の角質層の防御システムに重要な脂質の一つであるセラミドが減ってしまい、その結果皮膚の防御システムが弱まってしまいます。

 

一節によると、この防御力の低下によってアレルギーとしての炎症が引き起こされるとも言われています。

 

>>かゆみ止めの軟膏•クリーム一覧【楽天市場】

 

その皮膚の痒みはアトピー性皮膚炎かも

 

また、アトピーによるかゆみの中の病気の一つに、慢性的に湿疹を引き起こすようなアトピー性皮膚炎といった皮膚病があります。このアトピー性皮膚炎症状には、慢性的な皮膚のかぶれや、じんましんとして生じるような突発性のアレルギーによるかゆみなどとは異なり、慢性的なかぶれた状態により皮膚のかゆみを伴うものです。

 

 
アトピー性皮膚炎は遺伝的な要素もあるようで、特効薬もいまだ発見されてはおらず、根本的な治療法はなく、そのかゆみの症状にあわせた対症療法しか今のところない病気となっています。

 

そして、弱いアトピーのかゆみであれば、皮膚の防御機能を強くしたり、刺激による過剰な反応をしないような保湿剤などを基本とする治療法によって、しっとりとした皮膚の保湿を保つスキンケアなどを行うことでアトピーのかゆみを軽減することができます。

 

また、強いアトピーのかゆみの場合、アトピーのかゆみ治療として、ステロイドの一つの副腎皮質ホルモンの外用薬や免疫抑制の働きをする治療薬(プロトピック軟膏)などで炎症を抑える塗り薬を患部に塗る治療法があります。また、基本的には皮膚炎によるものなので、赤みがなくてカサカサしているだけのように見える皮膚の部位であっても、その皮膚周辺にはアトピー症状をもたらす免疫細胞がたくさん集まっています。

 

つまり、見た目には皮膚炎が起こっていないように思っていても、「かゆみ」が生じている場合は何らかの皮膚の炎症などのトラブルがある可能性が高いということです。このような、アトピーのかゆみをコントロールする為にもっとも大事なことは炎症を抑えることです。そして、皮膚の炎症の治療によって、アトピーのかゆみを抑え改善していくことが大切です。

 

 

タグ :    

身体のかゆみ   コメント:0