身体の悩み

身体のお悩み改善

花粉症やアレルギーの目のかゆみは目薬で治るの?

読了までの目安時間:約 3分

 

かゆみ目薬

かゆみを目薬で抑えたいなら、合う目薬を調べる為にもまずはかゆみの原因を突き止めることが先決です。

 

花粉症体質で毎年同じシーズンにかゆくなる場合はアレルギー対策用の目薬を買えば済む話かも知れません。

 

けれど同じアレルギー対策用の目薬でも、眼医者さんに処方して貰う点眼薬は市販品よりもよく効きます。

 

それに花粉症で目がかゆくなる場合も、単なるアレルギー反応と決めつけるのは早計です。

 

そもそも目がかゆくなる原因が花粉の場合、正式にはアレルギー性結膜炎と診断されます。

 

 
同じ結膜炎でも細菌性、ウイルス性、アレルギー性の3種類に大別されますが、ものもらいと異なり結膜炎は感染性もあるので放置は禁物です。

 

眼科ではアレルギー性結膜炎に対し抗アレルギー薬やステロイドタイプの点眼薬を処方される筈です。

 

花粉でアレルギーを起こし敏感になっている状態で、細菌性やウイルス性結膜炎を発症する確率が高いので油断は禁物です。

 

感染性の結膜炎を発症している場合、抗生物質を処方して貰わない限り中々治癒しません。

 

目が充血しかゆみを伴う場合、流行性角結膜炎、急性出血性結膜炎、いわゆるプール熱と言われる咽頭結膜熱など例外的な結膜炎を引き起こしている恐れもありますので、安易な自己判断は避けましょう。

 

コンタクトレンズユーザーに多いトラブル、ドライアイの1症状として軽くかゆくなる可能性もあります。

 

コンゴコンタクトレンズを継続して使用しても構わないかどうか状態をチェックして貰う為にも、一度眼科へ受診しておいた方が無難です。

 

 

タグ : 

身体のかゆみ   コメント:0

あなたの目のかゆみの原因はどれ?

読了までの目安時間:約 4分

 

目のかゆみ

目に異物が入ったときに、血管が拡張してかゆみが出たり、その異物を排出するために涙が出たりします。目にかゆみが生じる原因ですが、アレルギーによるもの、花粉症、ハウスダストなどの異物、大気の汚れによるものなどが考えられます。

 

目のかゆみを止めるには、目薬をさすことが有効です、弱った目の機能を回復し、角膜を保護します。さすと目がスッキリする清涼感のあるタイプのものと、目にしみないマイルドタイプのものがあります。

 

花粉症やドライアイなど、用途が特化した目薬も販売されています。目薬で解消できるのは、目のかゆみ、結膜充血、まぶたのただれ、目の疲れ、目のかすみなどです。

 

ソフトコンタクトレンズ、ハードコンタクトレンズを装着している人は、コンタクトレンズ用の目薬がありますので、そちらをお選びください。長時間コンタクトをつけていると、雑菌が繁殖して目にかゆみが生じることがあります。目を洗う「洗眼剤」で洗浄するとよいでしょう。ただし、目にはげしい痛みがある場合は、目薬をさすと逆効果な場合があります。

 

アレルギーのある方のために、アレルギー専用の目薬も出ていますが、アレルギー体質の人は、薬の成分に対してアレルギーが出る場合があります。また、白内障や緑内障を患ったことのある人は、薬を使用する前にお医者さんに相談してください。目のかゆみが、ほかの病気からきていることもありますので、目薬をさしても解消しない場合は、眼科を受診しましょう。

 

目の周り(目の周囲)のかゆみはどうなの?

 

目の周り、特に目の上の皮膚は顔の中でも特に皮膚が薄くて敏感な部分です。1度炎症やかゆみを起こしてしまうと、目の周りや目の上のかゆみや炎症が繰り返し起こる可能性が高いです。

 

目の周り(目の上)のかゆみの原因は、皮膚の乾燥や花粉症によっても起こります。花粉症の場合は、目の周り(目の上)のかゆみから始まり、目の上が腫れぼったくなり、結膜が腫れてきます。目の周りや目の上のかゆみが悪化しないうちに、花粉症対策や皮膚を乾燥させないことが大切です。

 

アレルギー性結膜炎では、まず目やまぶたがかゆくなり、こすったりすると次第に目の周りに痛みが加わり痛痒くなってきます。ウイルス性の結膜炎では、プールでの感染が多く見られ、現在では特効薬はなく、ウイルスに対する抗体が体内で出来るのを待つしかありません。二次感染防止の為に、抗菌の目薬などの治療を行います。ウイルスは感染力があるので目の周りのかゆみには注意しましょう。

 

アトピー性皮膚炎などの目の周りや目の上のかゆみの治療法には、ステロイド剤を処方されます。ステロイド剤は即効性がありますが、使い過ぎると、再発時に効き目がうすれることもある為、使用する際は、量や用法に注意しましょう。

 

また、目の周りのかゆみは乾燥によって引き起こされることがあります。目の周りを乾燥させないために、洗顔は刺激の少ない洗顔石鹸などで、よく泡立て、優しく洗うようにしましょう。特に目の上は敏感な部分ですので、皮膚を傷めないようにていねいに洗い、洗顔の後は、目の周りをワセリンなどでしっかり保湿することが大切です。

 

 

タグ :      

身体のかゆみ   コメント:0